2013_10
19
(Sat)15:13

閃の軌跡クリアしたので、ざっくりレビューとキャラ感想まとめてみた

英雄伝説 閃の軌跡 プレイヤーズナビゲーター 2013年 11/4号 [雑誌]英雄伝説 閃の軌跡 プレイヤーズナビゲーター 2013年 11/4号 [雑誌]
(2013/09/21)
不明

商品詳細を見る


 長所
 ・全アーツ&クラフトのスキップ可能。というか最初の時点で入れてほしかった
 ・零以降おなじみのショートカット機能で町の探索が楽になっている
 ・オーブメント編成が楽。使いたいアーツの名前になっているクオーツはめれば使える
 ・相変わらず説明書いらずの手帳
  ・重要ポイントもここで読み直せるのでつまずいたら読み直そう
 ・ミニゲームでおなじみの釣りも分かりやすくなった
 ・料理に失敗が消滅。独自、大成功、成功、珍妙と4種類は大変だけど効果は様々
  ・珍妙は良い効果があるので狙うのは在り
 ・豊富なサブキャラのやり取り
 ・濃すぎる生徒たちと教官
 ・グラフィックが綺麗。メインビジュアルも良かったし
 ・オリヴィエキターーーーーー!

 短所
 ・イベントスキップ劣化
  ・列車移動とか、そういう系列の早送りができない
 ・ロードが長い
 ・尻切れトンボだったED
 ・バニラ&ミント母子やレグラムのガキ共のウザったさ
  ・マリアベルみたいに「私の○○」というキャラは嫌いなのでご察しください
 ・仕方ないとはいえ貴族うっぜー フィー「何アレ?」
 ・実績がトロフィーになったために実行回数の確認が一部不可能
 ・ケルディックの麦畑は一発で麦畑と分からなかった。もうちょい細かく
 ・リィンだけボイスがないシーンが多すぎて却って違和感。恋愛ゲームじゃねーんだから

 キャラについて。Ⅶ組は全員好きだけど特にリィン・アリサ・ラウラが好きだった。

 ☆リィン
 ☆リィン
 ここでようやく刀剣類主人公。
 程々に察しが良く、お人好しだけど凄いシスコンでケビンに続く異能持ちの主人公で訳あり感が強い。アリサの旦那(待て)。四大名門だろうが皇帝だろうがエリゼに言い寄るやつは「悪い虫」だろうなー。パトリックも流石にひるむ威圧感。
 結局本編で彼の本当の出自や家族は不明のまま。ドラマCDなどで力と男爵に拾われた経緯が語られただけ。
 主に仲良しなのはエリオットとガイウス。

 ☆アリサ
 ☆アリサ
 堀江さん可愛い、うん。シリーズ初の弓使い。シャロンはお姉さん。リィンの嫁になるのはいつですか?
 この位のツンデレなら可愛い。ツンデレだけど、何だかんだでイリーナさんの心配もしている優しい子。ラウラとリィンの空気が微妙だった時もどうにかしたいと思っていたお節介。重要度はエマの方が高いものの、母親の立場が立場故にどうなるか…。小さい頃の彼女は本当にかわいい。
 絆イベントは真っ先に彼女を選択。EDでは丸腰でリィンの身を案じていた。
 女子メンバーとはまんべんなく仲良しでフェリスとライバル。

 ☆エリオット
 ☆エリオット
 CVはW4のジュード(とビチグソ丸)。大人しいショタ枠だと思ったら、音楽の情熱が半端ないゆえに終盤の鬼コーチぶりが笑いを誘う。大人しいけどケルディックでは中々の策士ぶりを発揮。
 いかついおっさんから、どうしたらこんな大人しい子が生まれるんだ…?中将も進路には厳しく言ったけど、それ以外ではただの親馬鹿で豪快なおっさん。でも娘に咎められるあたり愛嬌を感じる。ガイウス・リィンと仲良しなのが良い。

 ☆ラウラ
 ☆ラウラ
 家の名に恥じない勇ましさ。両手剣使う女性はシリーズ初。父子家庭の可能性がありそう(母親の事は一切言及されなかった)?でも、みっしぃがあったのが気になる。まあ興味あったからね。
 殆ど訳あり感がある中で伏線らしいものはなかったけど、フィーの出自を知ってからぎくしゃくしたので、そういうやり取りがメインだった。リィンの本気を出さないのを疑問に思う所とか。子爵の前では普通の娘な所が可愛い。爺さんと子爵には勝てなかったというから、この二人怖い。

 ☆マキアス
 ☆マキアス
 一人称が「僕」で意外だった。ショットガン使いは初めてだね。
 貴族嫌いは親の影響というより、従姉と付き合っていた貴族の兄ちゃんの存在が大きかった。…けどその貴族嫌いが自分でも「八つ当たりじゃないか?」と思っていたから、カッカしやすいけど落ち着けば非を認めるタイプ。でもあんな事があったら、貴族が嫌いになっても仕方ないと思う。割と突っ込み役が多い。
 ユーシスとは折り合いが悪かったけど最終的に憎まれ口叩き合う関係になったし、見ていて楽しい。

 ☆ユーシス
 ☆ユーシス
 悪気なくさらっと言いのける。ややすかしているものの、ルーファスの前では弟丸出し。
 妾腹の子のため名門出身とはいえ周囲の視線が冷めているけど、伯父さんとルーファスは少なくともそうじゃないと思う。恐らく一番帰郷が早かった。あんまり素直じゃないけどマキアスが逮捕された時の彼のセリフは熱かった。ドラマCDでは数少ない驚く彼が聞けるので面白かった。

 ☆エマ
 ☆エマ
 眼鏡っ子で巨乳にしてフィーのお母さん。
 姉がミスティことヴィータ・クロチルダが終盤で発覚。クロチルダが使った帝都の映像を見せた術やこの辺からして、魔術等に精通しているのも頷ける。でも出身地や力の事とか、明確にされなかったんだよなー、リィン共々。セリーヌとの関係も。
 アリサがヒロインなら、エマは重要キャラ。ヒロインが重要キャラになるかと言えば必ずしもイエスにならないけど、エマもメインクラスのヒロインだよね!

 ☆フィー
 ☆フィー
 シリーズおなじみのアンダー15枠。でもぎり15歳。
 オルランド家の宿敵「西風の旅団」の元メンバー。でも団長自体は乗り気じゃなかったみたい。解散した後、サラに拾われたので顔見知りの理由がここで納得。この過去がラウラと微妙な関係になってしまったが、互いに正面からぶつかったので和解。ただ旅団時代の癖が抜け切れない模様。
 バリアハートでも「聞こえない」が可愛い。

 ☆ガイウス
 ☆ガイウス
 槍使いは初めてか。十文字槍…戦国無双の幸村を思い出す、草尾さんアドルジャマイカ。
 風を何度言ったことか…多分そこしか印象に残っていないとか言う人いそうで怖い。温厚で仲間想いだよ。
 パトリックの暴言に対してしっかり言い返すのと入学動機が凄い。日曜学校真面目に通っていたのとテストの順位を見ると、本当に頭いいのね。エリオット・リィンと仲良し。数ある学園モノでも裸足でサンダルは凄い。ラウラが160リジュ~170リジュ位なので180以上ありそう。組きっての長身。

 ☆オリヴァルト(オリビエ・レンハイム)
 ☆オリヴァルト(オリヴィエ)
 待ってました!と言わんばかりのエレボニアサイドで欠かせない愛すべきバカ。今回は真面目モードが多かったけど、ちゃんとおちゃらけ&ミュラーとの漫才披露してくれたので満足満足。SCでも言っていたけど、あんたまだ全裸演奏諦めていなかったのね…。
 「普段はすちゃらかだけど、決めるときは決める」を地で行ってください。アルフィンと波長合いすぎて困るし、少なくとも異母姉弟とは軋轢はなさそうなのでちょっと安心。
 カレイジャス建設まで本当に苦労したと思う。資金繰りと言い、技術者との交渉と言い、いろんな人の協力がなきゃできないよ…。空FCからの登場キャラだと、エステル&ヨシュアに続く登場回数。零の軌跡は名前だけだったし。
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント