2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.07.21 (Mon)

戦国無双4SS→「家族とお守り」

 吉継と幸村を主軸に書きました。女性向けかもしれないので閲覧注意です。


【More】

 今日もいつもの如く、三成の部屋にはいつもの面子が集まっていた。今日は幸村が皆のお守りの紐をつけ直すために集まっていた。
 「幸村とお前の娘は無事に婚姻を結んだ、と」
 「ああ、これで幸村も俺の家族だ」
 と、どこか嬉しそうに言う吉継に幸村は笑顔で答えた。信之は最初こそ驚いたのだが(縁談を黙っていたことに腹を立ててひと悶着があった)、事情を話してから二人の縁談を喜び、色々張り切っていた。稲姫も義妹が出来て喜んでいた。
 「あの…義父上も真田の家族ですから」
 「これからも幸村を頼む、よ…義父上」
 「お前たち、別に無理して呼ばなくていいぞ」
 まだ義父と呼び慣れていない二人に対して、吉継は似たもの兄弟だとしみじみ思っていた。
 「みなさん、紐直せました」
 「すまないな。糸のほつれまで…」
 「お前は本当に手先が器用だな」
 と、兼続は元気に幸村の背中を叩けば、幸村は痛そうな表情を見せつつも彼に礼を言った。因みに清正達の分もしっかり繕っていた。
 「所で安岐には何を渡したのだ?」
 「水仙です。故郷に咲いている花だから、と」
 なお、幸村は女性だと花の形をしたお守りを作っているとの事。現に稲姫と忍びには桜型を作っていた。手元には水仙のお守りがあった。
 「紐は黄色なのは花の色だからか?」
 「はい。花の色は白い方が可愛らしいと思いまして、白にしました」
 全員分の繕いを終え、幸村は秀吉たちにお守りを渡すため部屋を出た。
 「しかし清正は痛いな…幸村…少しは断るすべを覚えてくれ」
 「それは同感な流れだ」

 その日の夜。吉継は床の間にある造花を直している幸村を見かけた。
 「義父上」
 「驚いた。部屋にある造花はお前と信之たちの合作なのだな」
 「はい。昔からこういうモノづくりが好きですが彫刻はさっぱりなんです」
 と、幸村は恥ずかしそうに答えた。
 「気にするな、お前の手作りという事で信之も稲殿も大喜びだと思う」
 「ありがとうございます。義父上、お渡ししたいものがあります」
 幸村は袋からお守りを取り出した。それは桜の刺繍に白地で青い紐のお守りだった。
 「義姉上が真田家になったときにも、その…家族として迎える意味でこうして桜のお守りを作りました。ですから、義父上と安岐にも…と思い、作ったのです」
 「ありがとう、竜胆のお守りとともに大切にする」
 「義父上…今後もよろしくお願いします」
 「作業はその辺で切り上げて寝る事だ。信之の心配性が発動するぞ」
 一言注意して頭を撫でてから吉継は部屋を出た。幸村もまた作業を切り上げ、箱の中に造花や道具を閉まってから部屋へ戻った。なお信之はくのいちとともに天井裏で二人の会話を聞いていた。何をやっているのだ。
 (幸村が楽しそうなら私はそれで嬉しいが、なんだか複雑だ)
 (信之様、抑えてください。あの顔だけ男は不安ですけど、まだあの人良い方じゃないですか?)
 (それはそうなのだが…)

 数日後。三成たちは真田家へやってきた。三成はまた強制的に休暇を取ることになった。が、
 「吉継…何だ、その桜のお守りは…!?」
 「幸村の家族として歓迎されたのでな。中々綺麗だぞ」
 竜胆のお守りと一緒に並べれば、三成と信之は悔しそうに同じことを叫んだ。
 「「う、羨ましいぞ!は…!!」」
 「お二方…ど、どうしたのですか?」
 「…すまない。今のは忘れてほしい」
 「幸村、私もだ。聞かなかったことにしてほしい」
 (わざとですね)
 (うーむ、吉継殿は信之殿と三成で遊んだな)
 左近と兼続はその様子をただ見ているだけだった。しかし、
 「三成殿、あの…桜のお守りありますが…」
 「え?」
 「兄上も…躑躅のお守りを作りました」
 「そうか、桜は既にあるからな…ゆ、幸村あああ!私は猛烈に感動したぞ!」
 兼続を蹴飛ばして幸村に抱き着こうとしたが、吉継は得物の采配で容赦なく信之の頭を殴って沈めた。
 「吉継さん…あんたねぇ…」
 「娘婿を守るのも舅の務めだ」
 真田家の明日はどっちだ!?

 おまけ
 信之「幸村…」
 三成「がっつく結果がこれだろうが」
 兼続「いたたたた」
 左近「あんたも痛そうですね」
 吉継「これに懲りたら弟病を改善しろ。後、見境なく幸村に抱き着くな」
 幸村「義父上?」
 信之「私から幸村を取らないでくれええええ!」
 吉継「取り上げるとは言っていない。幸村が絡むと節操なしになる所を辞めろと言っているのだ」
関連記事

テーマ : 戦国無双4 - ジャンル : ゲーム

11:56  |  作品群  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |