2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.10.28 (Tue)

閃の軌跡:ネタログ

 ツイッタでやらかしている楽屋ネタというか…どたばた緩いギャグまとめ。変なネタあるので注意。


【More】

 クロウ「俺、昔はイレギュラーハンターだったんだぜ」
 リィン「言っていることが良く分からないんだけど…」
 クロウ「何でだよ!?」

 リィン「うわぁ…」
 エリ「これ凄い漫画だね」
 マキ「あああ、また落ちたあああ!もう一回…ってサブタンクが空になっている!こうなったら鉱山でためるぞ」
 フィー「それが妥当だね。X1のセオリー」

 リィン「クロウって、こんな役やっていたんだ」
 クロウ「まあな」
 リィン「お前と違って真面目だけど」
 クロウ「だから何でさっきからそんなに冷たいんだよ!?お兄さん泣いちゃうぞ!」

 クロウ「ゼリカに女子取られたー」
 リィン「何故俺の部屋で愚痴をこぼす」
 クロウ「近いから」
 エリ「それでもゴロゴロしすぎじゃない?」
 ガイ「風向きはアンゼリカ先輩に向いているのは確かだな」
 マキ「アンゼリカ先輩は規格外な気もしますけど…」

 クロウ「来たのかよ」
 リィン「あれ?ここどこ?」
 クロウ「ご都合空間だ!だから因縁関係なしに暴れられるぞ」
 リィン「ブレイ●ルーじゃないんだから…」
 クロウ「助けてー!コ●ノエ博士思い出すなー」
 リィン「グダグダになっているだろ!もう…」
 アリサ「そうね…(呆)」

 クロウ「しっかり寝ろよ…」
 リィン「お前がそれを言うな。それと俺のノートを写すな!」
 クロウ「いってーなー!」
 エリ「まあまあ…」
 アリサ「クロウの前だと幾分か砕けるわね、貴方」
 リィン「そうかな?」
 クロウ「もっと軽くなっても良い位じゃね?」

 アリサ「うぅ…」
 シャロ「お嬢様、リィン様のハートをつかみましょう」
 アリサ「シャロン!」
 エリ(楽しんでいる)
 フィー「でもリィンはクロウとの因縁あるよ。色んな意味で厄介かも」
 クロウ「そこで俺かよ!?」

 リィン「…」
 クロウ「どうしたんだよ、お前も寛げよ」
 リィン「誰のせいだと思っているんだ!」
 クロウ「いきなり力を見せるなああああ!」
 エリ「リィン…本当に心労溜まっていたんだね」
 アリサ「そうね…分からなくはないけど…」

 リィン「サプライズ酷い…ぐず」
 クロウ「ご都合空間ではしゃいでごめんなさい」 ←土下座
 リィン「…ぷい」

 クロウ「…リィン?」
 リィン「…行っちゃやだ(ぼそ)」
 クロウ「分かった!一緒にいるから、そんな悲しそうな顔をしないでくれ」
 リィン「ありがとう、クロウ」
 エリ(滅茶苦茶甘えているよ…)
 アリサ(どこまで甘えるのよ!?でも何か新鮮よね)
 アル(これはこれで美味しいですわ)

 クロウ「俺の前じゃ滅茶苦茶甘えん坊になってね?」
 リィン「…ごめん」
 クロウ「あ、いや…そうじゃなくてな…」
 アリサ「クーローウー!」
 エリ「言葉選びなよ…リィン泣かせたらどうなるか分かっているよね?」
 ユシ「お前、目が笑っていないぞ」

 マキ「また始まったのか?」
 フィー「クロウ、フルボッコの事?」
 マキ「リィンの懐き具合見ていると羨ましいと思うならまだしも、さすがにあれは…」
 エマ「ほとぼりがさめる以外にないと思いますよ」
 ガイ「そうだな」

 エリ「クロウ、リィン泣かしたら容赦しないよ」
 クロウ「頼むからクリミナルで上級アーツはやめてくれ」
 リィン「あ…喧嘩はダメ」
 クロウ「…なんだ、この幼児は?」
 アリサ「こ、ここまでクロウにべったりなんて…」

 クロウ「お前と隣なんだな」
 リィン「俺はその…」
 クロウ「嬉しいんだな。そんな泣きそうな顔にならないでくれ」
 マキ「処刑されますよ」

 クロウ「お子ちゃまは、しっかり寝ろよ」
 リィン「…うん」 ←すでに眠気限界
 クロウ「で、ここまで甘えてくる背景は?」
 エマ「日頃の抱え癖の反動じゃないでしょうか」
 クロウ「だろうなぁ…、ちゃんと休んでおけよ」
 リィン「…んー」
 クロウ「え?もう寝たのかよ!?」

 クロウ「生き返ってきたぜ!」
 アリサ「御都合主義反対!ギャグでも限度があるじゃない!」
 エリ「そうだよ」
 ユシ「空気読め」

 クロウ「リィンの甘えぶりが怖い」
 サラ「でもリィンだって別に四六時中って程じゃないわよ」
 クロウ「そうなんだけどなー」
 エリ「一緒に居てあげなよ。ずっと我慢していたからさ」
 クロウ「わーってるっての」
 サラ「なら、よろしい」

 リィン「どこも行かない?」 ←猛烈に眠いのを我慢している
 クロウ「行かねーから安心しろ…って、もう寝ているし!」
 サラ「甘えん坊モード全開ね」
 クロウ「まあ、頼られるのも甘えてくるのも悪くないんだけどな」
 サラ「あんた、変態にならない程度にしなさいよ」

 リィン「んー」
 クロウ「この空間きてから甘えるか泣くか寝てばかりだな」
 エリ「クロウがいなくなってから、余計元気なくしたけど」
 トワ「リィン君はずっと傷ついていたんだから反省して!」
 クロウ「はーい」
 サラ「あんたの事をこんだけ慕っているんだから、責任取りなさい」

 クロウ「ちびキャラでキーホルダー出せよなー」
 リィン「クロウと一緒?」
 クロウ「だと良いなー。今回は俺とお前推しだからな。お兄さんにいっぱい甘えろー、このこの」
 7組一同「いちゃつくなー」
 リィン「あ、ごめん(しょぼーん)」
 クロウ「泣かすなよー」
 サラ「あんたたち、よりによってクロウと話をしているときに泣かしたの?」
 7組一同「…」
 サラ「空気読みなさいよ。クロウは責任持ってリィンと一緒にいなさい」
 クロウ「さっきから視線がいてーんだけど!」
 フィー「いちゃいちゃ反対」
 リィン「あの…」
 クロウ「どうした?」
 リィン「俺、甘え方が分からなくて…その…」
 クロウ「まー、こうして俺にべったりで泣いているんだから、焦るなって」
 リィン「あ…」
 サラ「頭撫でられて嬉しそうね」
 ユシ「甘すぎる空気だぞ」
 フィー「また、いちゃいちゃ」

 クロウ「あー、これまでにやった小ネタはご都合空間、死亡キャラ入り乱れのカオス空間と思ってくれ」
 レーヴェ「何故俺が…」
 ヨシュア「ポジション似ているからじゃないの?」

 トワ「クロウ君はリィン泣かしたら便所掃除以外にもやらせるからね!」
 クロウ「まだあるのかよ」
 アン「強化状態のドラグナーハザードを喰らうことだね」

 クロウ「風呂場暖かくなったら入るんだぞ、今は寒いからまだだな」
 リィン「うん」
 クロウ「ちょっとは元気になったじゃねーか。よーし、お兄さんと一緒に入るか」
 リィン「え、えーと…」
 サラ「調子に乗らないの」
 クロウ「へーい」

 リィン「エリゼ、湯加減はどうだった?」
 エリゼ「丁度良かったです。柚子の香りもしてゆっくりできました」
 リィン「良かった」
 クロウ「お前も少しは元気になったみたいだな」
 リィン「あ…そうかも」
 クロウ「お前もペースでいいから、な」
 エリゼ「そうですよ、兄様」

 クロウ「ちょっと落ち着いてきたみたいだな」
 リィン「うん」
 クロウ「…さっきから何睨んでいる?」
 フィー「いちゃいちゃ反対」
 ユシ「公式のプッシュで調子にのるな」
 クロウ「それは俺のせいじゃねえだろ!」
 リィン「あの、ユーシス…クロウの事が嫌いなのか(ずーん)」
 ユシ「…すまなかった」
 リィン「ユーシス…」
 マキ「リィン相手だと素直なんだな」
 ユシ「うるさい」
 アリサ「クロウのポジションは美味しいよね」
 ラウラ「うむ。ん…」
 ガイ「どうした?」
 ラウラ「リィンは頭撫でられて嬉しそうだ」
 フィー「甘えん坊だね」

 リィン「すぅ…」
 クロウ「沢山寝とけよ」
 エリゼ「こんな兄様、新鮮です」
 サラ「ここにきて甘えん坊モード全開は意外だったわ」
 トヴァル「色々あったし、今は休ませよう」
 アリサ「クロウ、リィンに不埒な事しないわよね?」
 クロウ「なんでそうなる!?」

 フィー「なんでクロウばっかり…」
 クロウ「だから全員で睨むな!それにリィン起きちまうから静かにしてくれ」
 サラ「愛されて辛いわねー(棒)」
 クロウ「誤解を招くことを言うな!」
 マキ「あ、起きましたよ」
 リィン「…あれ?皆、何しているの?」
 サラ「もうちょい寝ててもいいわよ」

 トワ「リィン君、顔色良くなってきているね」
 アリサ「最初はずっと寝てばかりでしたからね」
 エリ「今日はどうでした?」
 トワ「クロウ君に甘えるぐらいの元気はあるかな。でも日常生活を送れる体力に戻るまで時間はかかると思う」
 マキ「そうですか。ありがとうございます」

 クロウ「元気になってきたな、最初は寝てばかりだったけど」
 リィン「みんなにお礼言わないと…」
 クロウ「もうちょっと甘えてきても良いんだぞ。お前は我慢しすぎだ」
 リィン「あ…うん。こう撫でられるのは嬉しいかな」
 エリ「リィン落としちゃったクロウって大物?」
 フィー「だね」

 アン「君はそのままリィン君といちゃついていれば良いんじゃないか?」
 クロウ「誤解を招くことを言うな!」
 エリ「見方次第でそうなると思うよ」
 リィン「?」
 トワ「そうなのかな?兄弟じゃ駄目なの?」

 クロウ「しかしまあ、よく寝るなぁ」
 エリ「悩みを抱えている分だけ疲れがきているみたいだよ」
 アリサ「無理ないわよね。9歳であんな経験をして、そして…」
 クロウ「ジト目は辞めてくれ…」
 ユシ「自業自得だ。責任持ってリィンのそばにいろ」
 サラ「変態と思われないように気をつけなさい」

 リィン「ありがとう、クロウ。すごくもふもふで気持ちいい」
 クロウ「そうか、気に入ってくれて何よりだ」
 リィン「うん…ふああ」
 クロウ「って、寝るの早いだろ!」
 トワ「手触りいいからね」
 クロウ「そりゃそうだけどよぉ〜」
 フィー「また、いちゃいちゃずるい」
 クロウ「それを言うな!」

 クロウ「まさか、ぬいぐるみでも寝ちまうとは…」
 フィー「もふもふは正義」
 アリサ「リィンはあなたに懐くわね」
 サラ「だから、変態扱いされないようにしなさいよ」
 クロウ「だから、何だよそれ!?」
 アル「夢が膨らみますわ」
 エリゼ「ひーめーさーまー」
 アル「冗談よ」

 クロウ「だから何で…」
 フィー「本編で推されているから諦めたら?あ、リィン独り占め絶対ダメ」
 クロウ「お前さっきから辛辣だな!」
 サラ「まー頑張りなさい」
 クロウ「面白がるな!」
 アリサ「手触りよすぎる…」
 リィン「アリサも気に入ったのか?」
 アリサ「え、えぇ…」

 エリ「クロウ、変態くさいよ」
 ガイ「それはさておき、微笑ましい光景だな」
 マキ「エリゼくんも一緒だし、それは言えるな」
 クロウ「どっちにしても美味しい!」
 サラ「…」

 ラウラ「リィンとのやり取りを我らにも分けて欲しいものだ」
 フィー「二人でイチャイチャ反対」
 ユシ「目が笑っていないぞ」
 エリ「全員一緒じゃない?」
 クロウ「ちょっと待てええええ」

 クロウ「何でだああああ」
 アン「日頃の行いってやつじゃないかい?」
 トワ「リィン君に変なことしちゃダメだからね!」
 クロウ「してねーから!ちゃんと真面目に看病しているから」
 リィン「頭撫でてくれるので嬉しいです」
 ユシ「…そっちか」

 トワ「リィン君、元気になってね」 ←頭撫でる
 リィン「はい、会長…その…」
 クロウ「頭いっぱい撫でられとけっての」
 リィン「わ、くすぐったいから!」
 フィー「結局イチャイチャだね」
 ユシ「リィンもやつに甘すぎる」

 フィー「リィンにセクハラしていないよね?」
 ユシ「邪心は見せていないだろうな?」
 ミリ「がばーって押し倒していないよね?」
 ラウラ「不健全なことを教えてはおるまいな?」
 マキ「不埒は働いていないと信じたいですけど…」
 クロウ「リィンの方から甘えてくる突っ込みはなしかよ」

 リィン「クロウ、いつも看病ありがとう」
 クロウ「礼はいいっての。ちゃんと休むことだな」
 リィン「うん。こうして撫でられるのはなんだか嬉しいな」
 クロウ「そうか。ま、辛かったらマジで俺やトワに泣きついてもいいんだぜ」
 リィン「え、あ…うん///」

 リィン「んー」
 クロウ「いやー、お前の髪短いから楽だわ〜」
 リィン「自分でやれるのに…」
 クロウ「別にいいだろう。甘えられるときに甘えとけ。お前すぐ無理するし」
 リィン「うぅ…」
 サラ「随分と甘えん坊になったわね」
 リィン「教官…面白がっていません?」

 クロウ「寝ていなくていいのか?無理するなよ」
 リィン「もうちょ…っと、起きて…いた…」
 クロウ「…まあ、顔色は少しずつ良くなっているから大丈夫か」
 サラ「流石兄貴分ね」
 フィー「…」
 クロウ「いちゃついてねーからな」
 ユシ「いちゃついているだろ」

 エリ「はー、いい湯加減だったね」
 アリサ「そうね。リィンも元気になってきたし」
 マキ「クロウ先輩もなんだかんだで甲斐甲斐しいからな」
 クロウ「お、歩く元気は戻ったか」
 リィン「うん」
 クロウ「顔色も良くなっているから、しっかり養生しろよ」

 クロウ「やっぱり童顔だわ」
 リィン「唐突だな」
 クロウ「ショタじゃないが幼い感じってのはあるぞ」
 リィン「そうなのか?」
 クロウ「そういうものだ」

 クロウ「俺いなくなってからのリィンって、そんなに酷かったのか?」
 クレア「はい」
 アリサ「抱え癖が酷くなったかも」
 アル「ひとまずセドリックには地雷を踏ませないようにしています」
 トワ「ずっと我慢していたよ」
 エリ「クロウの存在は大きいよ」

 クロウ「…寝ちまったか」
 トワ「でも凄く落ち着いているから安心したよ」
 エリ「そうですね」
 アリサ「本当に手は出していないわよね?」
 クロウ「してねーから!」
 アン「幕間では随分と濃い時間を過ごしたみたいだけどね。撫でるのは反則じゃないかい?」
 クロウ「言うな!」

 エリゼ「兄様のパスケース…」
 アル「買わなきゃねー」
 エリゼ「兄様…」
 アル「迷っているわね」
 クロウ「無理して買わなくてもいいだろ」
 リィン「うーん…」
 エリ「あはは、悩むのも無理ないよ」
 アリサ「そうよねー」

 リィン「あ…」
 クロウ「無理して立とうとするなよ」
 リィン「でも、少しは…」
 クロウ「だから、ゆっくりやれっての」
 リィン「うん…」
 アリサ「何あの光景?」
 エリ「夕飯だって伝えにくいよね」
 フィー「イチャイチャだね」
 トワ「まあまあ」

 アリサ「…」
 クロウ「なんで睨む?」
 エリ「リィンに変なことしていないかって心配だからじゃない?」
 クロウ「そこまでしんじられないのかよ!?」
 フィー「イチャイチャしているし」
 リィン「?」
 ユシ「お前は知らなくてもいいから風呂でも入ってこい」

 リィン「気持ちよかったー」
 ガイ「食欲も戻ってきて何よりだ」
 エリゼ「兄様のブロマイドを机に飾って…」
 アル「良いじゃない。このぐらいなら平気よ」

 リィン「すぅ…」
 クロウ「寝るのは早いよな」
 エリ「ぐっすりだね」
 アリサ「…セクハラ厳禁よ」
 クロウ「なんもしていないだろ!」
 アル「それはそれで面白いですわね」

 リィン「わわ」
 クロウ「だから、無理して歩こうとするなって」
 リィン「ごめん。少しでも歩く体力を戻したくて…」
 クロウ「無理はダメだ。折角良くなってきたのに勿体ないだろ」
 リィン「う…」
 クロウ「寂しいなら遠慮なくお兄さんの胸に飛び込ん」
 リィン「恥ずかしい」

 クロウ「このゲームは俺の事でヤキモキしているリィンを俺が華麗に落とすゲームだぜ」
 サラ「嘘言わないの」

 クロウ「そんなにおれがいいのかよ?」
 リィン「あの力…を見ても変わらない態度で接してくれたから…///」
 クロウ「かわいいこというなよ…」

 クロウ「だから、こういうことをするなよ…萌える」
 アリサ「ずるい」
 ユシ「公式のプッシュで調子に乗るな」
 エリ「落ち着いて…」
 リィン「ダメなの?」

 エリゼ「兄様、私も…その…」
 リィン「エリゼもギューってしてくれるの?」
 エリゼ「あ、はい!私から抱き着きます!」
 リィン「ありがとう」
 クロウ「なんだこの兄妹…可愛すぎる」
 リィン「クロウとエリゼと一緒で嬉しいな」

 エリ「僕たちの立場全然ないね」
 マキ「痛いところだがな」

 フィー「リィン虐めたらぶっ飛ばすよ」
 ユシ「邪心を見せたら締め上げるぞ」

 クロウ「可愛いことを言うリィンのツッコミは!?」
 フィー「リィンはいいの」
 ユシ「貴様じゃあるまい。だいたい朴念仁がそんな打算的な事をするか」
 リィン「え、えーと…」

 クロウ「寝るのは早いよな、まじで」
 エリ「なんかにやけていない?」
 クロウ「そうか?」
 ユシ「気持ち悪かったぞ」
 クロウ「さっきから何でそんなにきついんだよ?」
 エリ「リィン泣かせたからじゃないかな」

 アリサ「やっぱりずるい」
 フィー「クロウはリィンといちゃつきすぎ」
 クロウ「勝手なこと言うな!」
 ユシ「リィンが起きるから騒ぐな」
 マキ「…これだけの喧騒でも起きないのは凄いな」
 アン「本当にリィン君はクロウ大好きだな」
 トワ「うんうん」
 クロウ「甘えん坊が…」

 こんな先輩は嫌です
 クロウ「俺にだけあんなに可愛い顔を見せるリィンが悪い」
 サラ「出会い頭に襲いかかるあんたが全面的に悪いでしょうが」
 アン「君、もう隠す気ないよね?」
 トワ「リィン君いじめちゃだめ!」
 VII組一同「抹殺決定」

 クロウ「公式カレンダーどうなるんだろうな?」
 リィン「クロウと一緒?」
 クロウ「だと良いな。寂しいなら遠慮なくお兄さんの胸に飛び込」
 リィン「…恥ずかしい」
 サラ「そこは素直に甘えておきなさい」
 トヴァル「そうだな」
 クロウ「俺以外でも撫でられているじゃねーか」
 リィン「///」

 クロウ「ここでまた言っておくぜ!俺はリィンに何もしてねーから!この小ネタでは真面目に看病しているから!!というか、リィンの方が甘えてきて泣きつく位だぞ!小さい子が大人に甘える感じだからな!」
 リィン「クロウ?」
 クロウ「なんでもないぜ。ほら、しっかりメシ食えよ」
 リィン「うん…」

 クロウ「ゆっくり寝ておけ」
 リィン「うん」
 サラ「もう寝ちゃったの」
 クロウ「眠気がやばそうだったから寝かせた」

 リィン「クロウ、あれ?手伝いはいいのか?」
 クロウ「お前の看病優先。ちなみに全員に言われた」
 リィン「みんなには感謝しきれないな」
 クロウ「ま、甘えるだけ甘えておけ」
 エリ「うーん、入れないね」
 ユシ「いちゃつけと言っていないけどな」
 フィー「だね」

 クロウ「あーいい湯だった」
 エリ「オヤジくさいよ」
 ユシ「リィンに不埒な真似をしていないだけ良いだろ」
 クロウ「だからなんで、リィンにセクハラするって前提でいるんだよ!?」
 フィー「いちゃついているから」
 クロウ「看病のどこをどうすりゃ、そうなるんだよ!?」

 こんな先輩は嫌だ
 クロウ「しょっぱなから後輩くんが可愛すぎて困った」
 トワ「え、えーと…」
 アン「君、変態に成り下がったのかい?」
 クロウ「なんだと!?」

 クロウ「だから、なんでーそういう流れに…」
 アル「乙女の嗜みですわ」

 フィー「人によっては、いちゃいちゃカップルに見える」
 リィン「そうなのか?俺はクロウの事大好きだけど…」
 クロウ「ほら見ろ!リィンにそんなの分かる訳がねぇ!」
 アル「でも絵になって素敵ですわ」

 ユシ「どっちもだったか…」
 アリサ「リィンが嬉しそうなら私はそれで良いけど、クロウは…」
 エリ「やましい事したら締め上げないとね」
 アル「あの2人はイチャイチャしてこそ、ですわ」
 サラ「程々にお願いしますね」

 クロウ「イチャイチャ言うな!なんで真面目にリィンの看病しているのにそれをいうんだ!?」
 アリサ「違ったの?」
 エリ「えーでもクロウってリィンにはとことん優しいし、甘いところがあるよ」
 フィー「エッチな事したら締め上げる」
 クロウ「しねーよ!!」
 アル「ある意味残念ですね」

 リィン「皆はクロウの事、どうして苛めるの?」
 エリ「え、えーと…」
 アリサ「な、涙はやめて…。すごく弱いから」
 サラ「つまんない事で妬かないの」
 クロウ「俺は何もしてねーってのに…」
 リィン「クロウ、おかえり」
 クロウ「帰ったぞー(なでなで)」
 サラ「はぁ…」

 クロウ「熱はもう下がっているな」
 リィン「うん。安静期間には変わりないけど」
 エリゼ「兄様は無理しすぎという警告が来たんです。ちゃんと元気になってくれないと困ります」
 リィン「エリゼ…」
 クロウ「嬢ちゃんもこう言っているんだ。養生しろよ」

 クロウ「閃の軌跡は俺がリィンを攻略するゲームじゃねーからな!もうそれ別のジャンルだし、そもそもそんなことしたら普通に軌跡シリーズを楽しんでいるユーザーが楽しめないからな!」
 サラ「皇女殿下が騒がしくなりそうね」
 リィン「クロウ?」
 クロウ「大丈夫だから。ほた寝た寝た」

 クロウ「温泉って気持ちいいよな」
 リィン「うん。安らぎがあって好きだよ」
 クロウ「足湯でもなかなか行けるし」
 リィン「そうそう」
 クロウ「でも心なしか爺さんたちが好きそう」
 リィン「うーん、年は関係ないと思うけどなぁ」

 トワ「リィン君はもっと泣いても良いんだからね」
 ジョル「トワも一緒に泣いても良いと思うよ」
 エリ「リィン、我慢しないで…はい、ハンカチ」
 リィン「…うん」
 クロウ(俺生き返らないとやばい流れ?それやったらブーイングきかねないぞ…)

 オリ「リィン君は落ち着いてきたかい?」
 アル「お兄様…。はい、ですが…」
 オリ「ほお…」
 一方…、
 リィン「俺ってそんなに童顔なのか…?」
 クロウ「多分、他の奴らより目が大きいからじゃねーの?」
 リィン「そ、そうかな…」
 クロウ「いや、大きいぜ」
 エリ「そうだね」

 クロウ「おい、なんだこのレベルの差は!?」
 リィン「え?」
 クロウ「お前が83なのに、俺は69ってひどくね!?一緒に戦おうぜ!」
 リィン「クロウ、苦しい…」
 トワ「クロウ君、リィン君苛めちゃ駄目!」
 アン「リィン君、こういう時は遠慮なくしばくと良い」

 クロウ「今日はリィンがすげぇ無口なんだけど…」
 サラ「今日が何の日か思い出せばわかるんじゃない?全く、その位気づきなさいよ」
 クロウ「んだと…あ」
 エリ「あのさぁ、リィンが沈むのも無理ないと思うよ」
 クロウ「ハイ、ソウデスネ(固)」
 サラ「分かったなら後輩の面倒見なさいよ」

 リィン「…」
 クロウ「良く寝るなぁ」
 エリ「頬ゆるめて頭撫でる姿は気持ち悪いよ」
 マキ「やましい気概でもあるわけじゃないですよね?」
 クロウ「ねぇよ」
 ユシ「ふん、分からんぞ」
 フィー「いちゃいちゃ独占はずるい」
 クロウ「イチャイチャ言うな!」
 サラ「はいはい、そこまでよ」

 クロウ「ハロウィンだぜー」
 リィン「クロウ、楽しそう」
 クロウ「まーな。でも、今はお前の看病優先。ほらよ」
 リィン「あ…お菓子」
 クロウ(笑うようになってきたな)
 フィー「じー」
 クロウ「いちゃつく言うなよ」

 エリ「リィン、はいお菓子」
 アリサ「VII組皆で作ったのよ」
 リィン「ありがとう、皆…」
 フィー「あのかごは?」
 リィン「朝、クロウから貰ったんだ」
 ユシ「…こされたな」
 マキ「流石クロウ先輩…」
 ラウラ「うむ、少々悔しいな」
 エマ「そうですよね」
 ガイ「だが、先輩らしいかもな」

 クロウ「ただしリィン限定で手作りだ」
 トワ「クロウ君って本当にリィン君大好きだよねー。私も大好きだよ」
 アン「トワの好きとクロウの好きに大きな違いがあると思うけどね」
 クロウ「ゼリカ、それ言うな…」

 リィン「クロウ、お菓子有難う」
 クロウ「良いって事よ。ただ、体調の波が激しいから気をつけろよ」
 リィン「う…うん」
 クロウ「ま、今日は一緒に菓子食べようぜ。嬢ちゃん呼んでな」
 リィン「エリゼも一緒に食べよう」
 エリゼ「兄様…(じーん)」
 クロウ「じゃあはじめっぞ」

 エリ「クロウ、欲望筒抜けだよ」
 ユシ「狙いがリィンなのは丸わかりだ、けだもの」
 クロウ「リィン狙いの何が悪い!?」

 アル「は~、リィンさんとクロウさんの熱愛にはかないませんわ」
 オリ「流石わが妹。二人の世界には愛があふれている。まさに」
 アル&オリ「「美!それは愛だ(ですわ)!」」
 ユシ「…」

 クロウ「楽しかったな」
 リィン「うん…一杯話が…出来て…」
 エリゼ「兄様、しっかり寝てください」
 リィン「うん…」
 クロウ「睡眠はしっかりとっているが体調回復には時間がかかりそうだな」
 サラ「精神的なショックがそのまま今の健康状態かもね」

 アン「閃の軌跡、我が悪友クロウが後輩のリィン君をいかにして落としたかが良く分かるゲームなのさ」
 クロウ「なわけ、ねーだろ!」
 トワ「でもリィン君はクロウ君に懐いているよ」
 ジョル「そういう事じゃないと思うよ…この場合」
 サラ「ま、お熱い戦いを繰り広げたけどね」

 クロウ「だから俺はリィンといちゃついてねー!あいつの方から懐いてくるのは悪くないってのは事実だけどよー」
 エリ「リィン絡みだとユーシスかクロウだって殿下が言っていたよ」
 クロウ「何でだよ…」
 リィン「俺、クロウと一緒にいて嬉しいけどな」
 ユシ「爆弾投下したな」

 クロウ「ゲットだぜえええええ」
 アン「待ちたまえ!私が頂く!」
 ユシ「けだものは引っ込んでいろ」
 アン「ほーら、ユーシス君もこう言っている」

 クロウ「リィンにとっての俺って、そんなに特別なのか?」
 トワ「うん、そう言っていたよ。恥ずかしがっていたけど」
 ユシ「な…に‥」
 エリ「まあ力の事もあるし、仕方ないよね」

 クロウ「俺はリィンを落とした功績がある!公式が俺とリィンを推しまくりだからな!頭撫でたし、バーガー食ったし、タイマンやったし、二人の世界もバッチリだぜ!」
 ジョル「そこまで行くと大人気ないよ」

 クロウ「はぁ、至福だぜー。こう、ぎゅーって」
 リィン「クロウ!?え、え!?」
 アン「ぐぐぐ…」

 リィン「調子に乗るんだから…はい、手当おしまい」
 クロウ「サンクス。お前の手当てもだが膝枕もいただき!」
 リィン「え…あ…良いの?」
 クロウ「お前じゃなきゃヤダ」

 クロウ「やっぱり、このゲームは俺がリィンを落とすゲームだな!よし」
 リィン「(昼寝中)ん…クロウ…」
 クロウ「もうやだ、この子…早くおとさねーと…」
 アン「夜の営みの意味はダメだよ、クロウ」

 リィン「(目が覚めて)ん…あれ?クロウは…?」
 トヴァル「まあ、その…修羅場だし、お前さんだけ避難させた」
 リィン「あ、有難うございます」
 トヴァル「なーに、お安い御用さ」 ←自然とリィンちゃんの頭撫でるトヴァル兄貴

 サラ「あんたたちとトヴァルは別に一緒じゃないでしょ。寧ろリィンを避難させたんだから感謝なさい」
 クロウ「でも、ずりーだろ!あれ!!何だよ、このおち!」

 リィン「クロウ…あの…一緒に…」
 クロウ「え?」
 リィン「クロウと一緒にいたい気持ちは本当だから…。えーと…その…」
 クロウ「…俺もだ」
 リィン「あ…」
 クロウ「~~好きだよ、もう!」
 一方…、
 ユシ「ずるいな」
 アン「だね」

 トヴァル「青春だねー」
 サラ「ま、クロウがセクハラに及ばないか監視は必要かもね」
 クロウ「俺、結局こういう扱いなの!?」

 クロウ「漫画版読んだが、かなり端折っているな」
 リィン「うーん、主要な部分をざっくりやっている感じがする。一部のシーンは書かれているけど…」
 クロウ「主要なシーンに進行して回想シーンで省いたシーンをやる感じかもな」
 エリ「まあ全部はやれないからね」

 アリサ「クロウ!」
 クロウ「なんだよ、急にぞろぞろと」
 ラウラ「聞きたいことがある」
 クロウ「だから何だよ…」
 VII組一同「リィンの落とし方教えて(ください、くれないか、ろ)!」
 クロウ「はぁ!?」
 ユシ「どうやったのだ?」
 クロウ「どうって…」

 リィン「今までのシリーズはまんべんなくいたんだ、属性制限」
 シャロン「私とリィン様とクロウ様が時メインですわね」
 クロウ「そうっすね」
 シャロン「特にリィン様とクロウ様は対という言葉が当てはまりますね」
 リィン「あ…」
 クロウ「俺さぁ、妹ちゃんとはメイン・サブ逆って狙ってね?」

 クロウ「何でこんなに可愛いんだあああああ!」
 リィン「いきなり何だよ!?」
 ユシ(反則だ…)
 マキ(そのまま背が伸びた感じだな)
 エリ(えーと童顔枠?)
 ガイ(微笑ましくていいな)

 アリサ(エリゼさん、羨ましい。クロウしばく)
 フィー(アリサ、本心出ているよ)
 ラウラ(これが世に言うショタというものか)
 エマ(これは反則かもしれないですね)
 ミリ(リィンも妹さんも可愛いじゃん)

 クロウ「男子だけなら背が低くて、ちょっと目が大きめって所が良いんだよ」
 リィン「…俺としては複雑だが」 ←ジト目で頬ちょっと膨らませている
 クロウ「やめて!そういう仕草は!お兄さん弱い!」
 アリサ「がっついたらしばくわよ」

 クロウ「おい、ヴィータ…」
 リィン「小さくなっちゃったよー」
 ヴィータ「小さいリィン君よ。ほら、かまってあげなさい」
 クロウ「面白半分でリィンと委員長ちゃんを小さくするな!」
 エマ「姉さん…ぐず」
 ヴィータ「この可愛さプライスレスね」
 セリ「ぶっちゃけ痛いわよ、あんた」

 クロウ「俺にも愛を!」
 サラ「その前にリィンのズタボロになった心をどうにかしなさい」

 リィン「クロウ、雷を使う相棒は?!ザ○ルって!」
 クロウ「ネタが古いわ!お前よく知っているな!」

 ロイド「(閃2作クリアして…)え!?彼こんなに重い物背負っているのか」
 リーシャ「シリーズでもいないですよね」
 ロイド「俺が言うのも難だけど大丈夫かな…?」
 リーシャ「なんだか心配で仕方ないオーラ出ていますね」
 一方…
 リィン「っくし」
 レク「風邪か?」

 クロウ「どうした?今回のカットインの俺様に惚れたかい?」
 リィン「俺と逆の向きじゃなかったら軌跡マガジンの壁紙で決まらないなーって思った」
 クロウ「そっち!?」

 フィー「罪状はリィン苛め悪化の元凶、甘ったれ第一人者の無自覚」
 クロウ「なんじゃそりゃあああ!」

 リィン「…戻りたい」
 クロウ「小さいままじゃ嫌だよな」
 リィン「この姿やだ…ぐず」
 クロウ「ヴィータ、戻せ…今すぐにだ!」
 ヴィータ「その魔法、3日で切れるから問題ないわよ」
 クロウ「そうじゃねーだろ!リィン泣いているのに言っている場合か!」
 ヴィータ「すっかり保護者ね」

 リィン「エリオット…服有難う」
 エリ「お安い御用だよ」
 クロウ「へー似合っているじゃねぇか」
 リィン「そ、そうかな」
 エリ「うん、似合っているよ」
 サラ「あら、可愛いじゃない」
 トヴァル「お前さんも災難だな」
 クロウ「あんたも何気なく頭撫でるな」

 シャロン「お嬢様のお下がりですわ」
 エマ「ありがとうございます」
 アリサ「エマも巻き込まれちゃったのね」
 エマ「はい…」
 ヴィータ「あーもう、可愛い!リィン君も捨てがたいけどエマが1番ね!」
 クロウ「いい加減にしろよ」

 幕間ネタ
 リィン「どう…し…たらいい…の…か考…えないと…」
 クロウ(そういうのは部屋戻って考えろ!こんな広間で転寝したら風邪ひくだろうが!)
 リィン「すぅ…」
 クロウ「やっぱり寝やがった」 ←おんぶ中
 マク「お前、保護者みたいだぞ」
 クロウ「やかましい!」
 クロウ「緊張感あるのかないのか…ったくよぉ…」
 マク「律儀だな。寝かしつけるなんてよ」
 クロウ「一応、客人で元後輩だからな…それにあんなところで寝たら風邪ひいちまうし、心配だろうが」
 マク「過保護じゃねーか」
 クロウ「ほっとけ」
 リィン「…ん…クロウ…」
 クロウ「何でいるんだよ?」
 マク「何となく通りかかっただけだ」
 クロウ「そうかよ」
 マク「にしても…」
 クロウ「なんだよ」
 マク「やっぱり保護者だぞ、今のお前」
 クロウ「やめてくれ…さっき寝言の俺の名前呼びやがって超恥かしいってのに」
 幕間ネタのおまけ
 リィン「ん…あれ?部屋…あ…手紙」
 リィンへ 考え事するなら部屋でやれ。風邪ひくぞ クロウ
 リィン「…有難う。ん?広間にいたのを知っているって事は…まさか…」
 一方、
 クロウ「ったく、どこまでも世話の焼ける奴。ふあーあ」
 ヴァル「お節介焼きが言うなよ」

 リィン「ネクタイはしっかり締める!」
 クロウ「へいへい」
 アリサ「母親みたいね」
 エリ「だね」
 フィー「クロウ、ニヤついて気持ち悪い」
 マキ「確かに」
 クロウ「さっきから、うっせーよ!」

 リィン「クロウも票が伸びるように俺祈っているから」
 クロウ「お前は少しぐらい、主人公として気張れよ!ムックの総合もだけど閃キャラ限定も!!」
 リィン「でも俺は…応援してくれる皆がいるってだけで嬉しいし…」
 クロウ「どこの真田だ、お前は!」
 オリビエ「仲が良いね―君たちは」

 ヴィータ「あらあら、リィン君は貴方に懐いているわねー」
 クロウ「んだよ急に…。で、後1日で本当に戻るんだろうな…」
 ヴィータ「戻るわよ」
 エマ「リィンさん、ぐっすりですね」
 リィン「うーん…」
 ヴィータ「やーん、可愛いー」
 クロウ「突くな!」
 ヴィータ「けち」

 リィン「…」
 クロウ「後1日の辛抱だからな」
 リィン「うん…」
 クロウ「やっと寝たか…」
 エリ「やっぱり容体は良くならない?」
 クロウ「ならねぇな。大人しくしているんだけど唐突に熱出す事あるし…」
 エリ「うーん、本当に原因は何だろうね?」
 クロウ「だな」

 クロウ「戻ったか」
 リィン「し、しんどい…」
 クロウ「…熱上がっているぞ」
 アリサ「無理ないわよ」
 エマ「私も戻りましたが酷かったです」
 フィー「ヴィータ、ベタ甘で怖かった」
 エリ「お粥だよー」
 リィン「ありがとう、エリオット」
 クロウ「ちゃんと食えよ」

 アン「私もダメだ…」
 アリサ「つ、突っ込むのも面倒になるレベルなんですけど」
 クロウ「ゼリカにゃ渡さん!だが可愛いは俺も思っている!」
 トワ「クロウ君、意地悪はダメだよ」

 エリ「クロウはリィン大好きだよね」
 マキ「それが強すぎてセクハラしなきゃ良いけどな」
 ユシ「ケダモノじゃないか」
 クロウ「言いたい放題だな、おい!」

 クロウ「からかいやすいんだもん(わざとぶりっこ)」
 アン「ドラグナーハザード!」
 トワ「クロウ君酷いよー!」
 アリサ「お仕置きよ」
 エリ「なんか、王○姫の武器になっているけど…」
 シャロン「突込みは野暮ですわ」

 クロウ「何この子、怖い!」
 リィン「?」
 ヴィータ「頭を撫でた貴方が言う事?」

 アン「リィン君ならトワと一緒でも構わない。だがクロウ、君はその前に私の拳を100発喰らうと良い」
 クロウ「理不尽!」

 エリゼ「兄様が6歳の頃の写真です。バドと一緒ですが…」
 クロウ「萌える!じゃあ俺からは学院内で転寝している写真を…」
 エリゼ「ありがとうございます!こんな兄様新鮮です」
 リィン(何の話をしているんだろう?)

 エリゼ(クロウ兄様、GJです!)
 クロウ(おう!お前の配慮も最高だ!心置きなくリィンといちゃつくぜ)
 リィン「クロウ?あの…」
 クロウ「遠慮なくお兄様の胸に飛び込んでくるんだ」
 リィン「う、うん」
 エリゼ(兄様、良かったですね…)

 リィン「けほ…」
 クロウ「ちったぁ下がってきたか…」
 ヴィータ「クロウ、リィン君の体調不良の原因が分かったわ!」
 クロウ「何だと!?」
 ヴィータ「それはリィン君の精神状態が不安定だからよ」
 クロウ「要は元気がないと体の調子が悪くなるって言う事か?」
 ヴィータ「彼の場合は背負わされたものが重すぎる事とあなたを失ったことのショックが大きすぎるのが原因ね」
 クロウ「あ…」
 ヴィータ「それだけ貴方の死は深い傷なのよ」
 クロウ「…けど、あんなに痛々しい姿をして進んでほしくねぇよ」
 エリ「クロウ…」

 リィン『クロウの事、いじめないで…ぐず』
 アリサ「リィン泣かしたクロウしばきたい、でもそれやったらリィン泣いちゃうし…」
 フィー「アリサ、どーどー」
 マキ「先輩の事でショック大きかったから仕方ないだろ」
 ガイ「二人の因縁は主軸でもあるからな」

 クロウ「熱はまだ下がらないな」
 エリ「みんなが思っている以上に傷ついていたって思ったよ」
 トワ「クロウ君、自分を卑下すること言っちゃダメだからね。リィン君、悲しむよ」
 クロウ「わーってるよ」
 アン「言ったら私の拳を受けたまえ」
 サラ「…」

 アン「これもリィン君のためだと思いたまえ」
 クロウ「おもいっきりゼロインパクト決めやがって…」

 アン「トワ、リィン君を頼む」
 トワ「アンちゃん、ほどほどにね」
 リィン「え?」
 アン「行ったか…。クロウ、今から私の拳を食らうんだ」
 クロウ「なんで!?」
 アン「トワとリィン君を悲しませた罪は万死に値するからね」

 クロウ「俺の格好よさに惚れたか?」
 リィン「格好いいけどアンゼリカ先輩に惨敗だから閉まらないよな」
 クロウ「言うね…この野郎!」
 リィン「ちょ、コブラツイストはやめろ!」

 リィン「ごちそうさま…」
 クロウ「お粥全部食べたかー。食欲戻って何よりだ」
 リィン「うん…」
 クロウ「薬も飲んだな、よし。後はゆっくり寝る事だ」
 リィン「分かっている。それに…撫でられると安心する」
 クロウ「そうか」

 クレア「リィンさん、お見舞いにきました」
 ミリ「果物セットだよー」
 リィン「大尉、わざわざ有難うございます。ミリアムも有難う」
 レク「気にすんなって。ま、お前もたくさん悩んでそれからやること決めろよ」
 リィン「!」
 クレア「レクターさん…」

 クロウ「熱は下がってきているな…まだ高いけど」
 リィン「すぅ…」
 クロウ「だから何で俺をにらむんだよ?」
 フィー「いちゃいちゃずるい」
 アリサ「リィンの隣ずるいわよ」
 エリ「部屋向かいだったよね」
 マキ「先輩、ちゃんと看病していますよね」
 クロウ「しているわ!」

 クロウ「ポッキーゲームするぞー」
 リィン「なんでそうなる!?」
 アリサ(リ、リィンと…ポ…ポッキー…ゲ…)
 エリ(アリサ、落ち着いて。弓を閉まって!クロウ死んじゃう!!)
 マキ(けだもの先輩にはちょうどいい…じゃない。アリサ、水飲んで!)

 クロウ「ゼリカに女子取られるし、籤運奪われたー。リィンー俺を慰めろー」
 リィン「突然俺の部屋来て何を言う?それとのしかかるな、重い!」
 クロウ「やだ!お前可愛いもん!」

 クロウ「TLがポッキーゲームだ…」
 リィン「このネタの作者がそんなもん書くわけないだろ。それと俺は今風邪ひいているから」
 クロウ「だよなー。その代り、リンゴでもくっとけ」
 リィン「有難くいただくよ」
 サラ「あんたたち、そんなことしなくて十分いちゃついているわよ」

 リィン「こういうタイプの体温計って今あるのか?」
 クロウ「まー良いだろ、別に…熱はあるけど大分下がっているな、良し」
 リィン「うん、大人しくしている」
 ~物陰~
 アリサ(イチャイチャよね?)
 エリ(そ、そうかな…)
 フィー(絶対だね)

 ロイド「貴方を逮捕する」
 クロウ「ちょっと待て!何だよ、てめーら!」
 ランディ「おい、あんた!あの子を俺に紹介してくれ、可愛いじゃねーか!」
 エリィ「ランディ、まじめに仕事して!」
 ランディ「あべし!」

 アン「問答無用!」
 クロウ「ぐはぁ!!」
 リィン「ありがとうございます」
 アン「なーに、お安い御用さ。クロウを遠慮なく殴れるなんて良い事だ」
 クロウ「言いたい放題抜かしてんじゃねぇぞ…」

 アン「君のような歩く不良を慕ってくれるいい子なのにぞんざいに扱う気かい?」
 クロウ「言いたい放題抜かすな!」
 トワ「クロウ君、リィン君に謝った方が良いよ」
 アン「しかし…バンダナ…ぷ…」
 クロウ「笑うな!さっきから爆笑しすぎだろ!」

 クロウ「よーし、俺風呂入ってくるわ」
 リィン「うん、わかった」
 クロウ「この位の熱なら軽く汗流すぐらい、平気だと思うぞ」
 リィン「そう…だな」

 クロウ「一時はどうなるかと思ったが熱はだいぶ下がったか」
 ヴィータ「これで続編情報でどうなるかによって、このネタの方向も変わるわね」
 エマ「メタ発言しないで、姉さん」
 クロウ「俺の扱いで喧々諤々だし、リィンはしょぼくれる…」
 エリ「それだけ慕っていたって事じゃないかな」

 シャロン(クロウ様、随分とお熱い夜だったみたいですね)
 クロウ(何の話っすか?)
 シャロン(声、聞こえていましたわ)

 リィン「熱、もう下がったみたい」
 クロウ「そうだけどまた出るかもしれないから寝ろ。大人しくしていろ」
 リィン「う、うん…」
 クロウ「大丈夫だって、側にいてやる」
 リィン「ありがとう」
 フィー「イチャイチャだね」
 マキ「自然すぎて怖い」
 ユシ「爆発しろ白髪」

 ユーシス「兄上からどす黒いオーラが見えて仕方がない。あと、リィンはいつも元気がない」
 フィー「ぶっちゃけ、ドSだよね」

 クロウ「EDは載せねーから安心してくれ!」
 リィン「それだと永眠じゃないか、バカクロウ!!!」
 クロウ「あべし!」
 ルーファス「熱下がったばかりなのに大丈夫なのかい?」
 リィン「あ…」
 クロウ「顔真っ青だぞ(しっかり庇う)」

 クロウ「ルーファスの旦那来てから熱上がっちまったな」
 リィン「こ、怖くて…」
 エリ「リィン、無理しちゃ駄目だよ。怖いと思う事って悪いわけじゃないから」
 クロウ「なんなら俺の胸に飛び込んで甘えてきてもいいんだぜ?」
 リィン「…恥ずかしいって」
 クロウ「ったく、いいから甘えとけ」

 クロウのコウギーコーナー
 クロウ「あのさー、普通に看病しているのに何でリィンとできているだの、イチャイチャだの、付き合っているだの、散々ないわれような訳?死んだことを言われるならまだしも、こっちはあんまりだろ!」
 リィン「悪友じゃだめなのかな?」
 クロウ「さぁ…」

 クロウ「いちゃついてねーもん」
 リィン「何でそう思われるんだろうな?」
 クロウ「だよなー。みんなひでーよ、ったくよー」
 リィン「俺、クロウとこうして一緒にいていっぱい話せてうれしいと思っているから」
 クロウ「そうか。ちゃんと笑えるじゃねーか」
 サラ(それが原因でしょうが)

 クロウ「微熱だなー。けど一時よりましになったな」
 リィン「うん」
 クロウ「あの…そんな泣きそうな顔しないで…」
 リィン「だって、クロウいなくなって…トワ会長との約束…」
 クロウ「…こらこら、いきなり抱き着くな」
 エリ「リィン泣かしたんだからその位良いんじゃない?」

 クロウ「オカズくれ。米だけなんて無理だろ!」
 リィン「その前に10kg完食って…」

 ユーシス「兄上がリィンをいたぶっている現状に俺の胃がそろそろヤバイ」
 アリサ「ユーシス、ちょっと倒れないで!誰かああ!」
 エマ「い、胃薬です」

 リィン「大尉とクロウの空気が冷たくならないと良いんですけど…」
 トヴァル「まあ、あれは簡単にどうにかならないだろ」
 リィン「そう…ですよね」
 クロウ「なんか、ずるくね?遊撃士ずるくね?」
 トヴァル「リンク?お前ら丁度いいじゃないか。俺、アーツタイプかサラと組むけど」
 クロウ「なんだよ、敗北感しかねぇよ」
 サラ「あんたねぇ‥(呆)」 

 ユシ「兄上がリィンを酷使しているかと思うと心配になる」
 アルノー「ユーシス様!気を確かに!!」
 ラウラ「そなたも苦労が絶えぬな(水注いでユーシスに渡す)」
 ユシ「すまないな。もう俺は胃薬が手放せん」
 アリサ「貴方…本当に無理しないでね」

 ルファ「人聞きが悪いことを言わないでくれ」
 クレア(め、目が笑っていません!ルーファス卿!)

 フィー「お見舞いに来たよ」
 リィン「ありがとう、フィー…あ」
 クロウ「出た親馬鹿コンビ」
 ゼノ「ボン、果物バスケットや」
 レオ「安心しろ。戦う気はない」
 リィン「そ、そうか…バスケットはありがたく受取るよ」
 ゼノ「手は出してないやろな?」
 クロウ「ありえねーから、それ」

 クロウ「俺とリィンは決していちゃついてねぇ!そして、そういう関係じゃねぇ!何度言えば分ってもらえるんだ!」
 サラ「あんたは大事なものを奪ったからよ」
 クロウ「は?」
 アン「リィン君の心をね」
 クロウ「ネタが古い!それと、男相手に使うな!怖い!」
 アル「諦めも肝心ですわ」

 クロウ「ファミ通版だとルーファスの旦那とお揃いな感じがして怖い」
 リィン「俺も…でも色は綺麗だし、別に白いからって…」
 ルーファス「君はそんな風に私とリィン君の事を見ていたのかい?」
 クロウ「出た!」
 リィン「あ…コ・ン・ニ・チ・ハ」
 クロウ「固まっているから(焦)!」

 リィン「良いな…」
 トヴァル(駄目だ…落ち込みが半端ない…)
 サラ(アタシ達じゃどうにもならないわよ、あれ)
 エリ(声かけにくい…)

 リィン「クロウ…また子供になっちゃったよぉ…」
 クロウ「お前が謝ることは何もねぇ。ほれ、抱っこしてやるから」
 リィン「あ、有難う…」
 クロウ「ヴィーター!お前か!?」
 ブル「残念!私が仕掛けた悪戯だ!」
 クロウ「お回りさん!変態仮面がここにいるぞ!」
 ヴィータ「君は大忙しね」
 リィン「ほほ、突かないでください」
 ヴィータ「むくれないで…可愛すぎて怖い」
 クロウ「変態だろ、お前…って、いでぇ!」
 ヴィータ「リィン君、クロウのお馬鹿が変なことしたら遠慮なく言ってね。私の魔法でしばいておくから」
 クロウ「んだよ、それ!」

 オル「灰ノ起動者絡ミニナルト異常ナ興奮状態デ危険トミナス」
 クロウ「ひっでーよ!」

 リィン「また小さくなった…」
 リィン「何で俺ばっかりこんな目に遭うの…?何で…ふぇ…」
 クロウ「その…目いっぱい泣いたって良いんだぞ?」
 リィン「ぐず…」
 クロウ「誰も責めないから安心しろ」
 サラ「そうよ、いざとなったらクロウに甘えなさい」
 クロウ「何でいるんだよ!?」

 リィン「ク、クロウ…(おろおろ)」
 アリサ「取りあえず、服を着ましょう」
 ラウラ「覗きを企むなら我がバスタードソードで叩き斬る!」
 クロウ「踏んづけたまま言うな!いでぇ!!」
 ガイ「あのリィンをべたぼれにしてしまった先輩は凄いな」
 ユシ「ふん、クロウの何が良いのやら」
 マキ(悔しさ混じりのユーシスに生ぬるい視線を送る)
 エリ「でもクロウって踏んだり蹴ったりだよね」
 エマ「ですね」

 クロウ「エリオットは良い奴だから問題なし。ガイウスもマキアスも特にそういう意識はねぇ。ユーシスは俺の敵じゃねぇ。問題は女子どもだ…ゴリラとアリサとフィーは危険だ」
 ラウラ「成敗!誰がゴリラだ!」
 クロウ「自覚あったのかよ!」

 リィン「また子供に…」
 シャロン「リィン様、お食事ですわ」
 リィン「シャロンさん、ありがとうございます…けほ」
 クロウ「食べられる分だけで良いからな」
 シャロン「ええ、クロウ様の言うとおりです」
 リィン「では、いただきます」
 クロウ(ぬいぐるみ持っていると和むな…)

 クロウ「ぐぐぐぐ」
 エリ「みっともないよ」
 ユシ「ふ」
 クロウ「鼻で笑いやがったな!」
 マキ「先輩、落ち着いて下さい」
 アリサ「クロウ、寄らないで」
 クロウ「ひでぇ!」
 フィー「やらしい目でリィン見ないで」

 ロイド「あの…俺達もこう思われるの?」
 ランディ「セシルさんとお近づきになるためならお前と付き合うことは何も問題ない!」
 ロイド「嫌だ!」
 ワジ「モテモテだね」
 クロウ「これからも目いっぱい2人の世界で行こうぜ(ものすごく甘ったるい櫻井エロボイスで)」
 リィン「え?」
 ロイド「な、何あの空気…?」
 ランディ「流石にあれはないわ…」
 クロウ「分かったから!じゃあ、俺達はこれで」
 リィン「ちょっといきなり抱き上げるな!こういうのは女性にしてくれ」
 ロイド「頼むから帰ってくれ(泣)!」
 ティオ「さっきから突込みばかりですね」
 ランディ「禿げるぞ」

 クロウ「安心しきった寝顔だよなぁ…」
 エリ「みっしぃのぬいぐるみ持たせたんだね」
 クロウ「さっきまで泣きまくってようやく落ち着いたところだけどな」
 アリサ「災難よね」
 フィー「てい」
 クロウ「こら、頬つつくな」
 リィン「うーん…」
 ガイ「トーマ達を思い出すな」

 クロウ「嬉しいが…鼻血が止まらん…」
 リィン「クロウ、しっかりして!今治すから!」
 アリサ(絶対逆効果よね)
 シャロン(ですわね)
 ヴィータ「うふふ、可愛いでしょ?」
 クロウ「お前かよ!で、写真は?」
 ヴィータ「ばっちりよ。あんな角度こんな角度そんな角度といろいろあるわよ」
 クロウ「あ、また鼻血が…」
 セリーヌ「何やっているのよ…」
 ヴィータ「クロウ弄るのが楽しいだけよ」
 セリーヌ「それで裸エプロンやらされるあいつが不憫だわ…」
 一方、
 クロウ「今日はそのままでいてく…」
 リィン「くしゅん」
 クロウ「悪い、今のなし。上着きてくれ(ボタボタ)」
 ヴィータ「鼻血止めてあげるから、そのままガバーッと行きなさい」
 シャロン「ですわ」
 クロウ「おう!遊ばれるのは癪だが行ってくる!」
 エマ「リィンさん、ごめんなさい。私じゃ姉さんを止められないです…」
 ヴィータ「今度は暑い夜を録画よ!」
 シャロン「これで冬の祭典では薄い本がたくさん出ますわ。閃2効果は大きいですね」
 アリサ「そっちなの!?」

 リィン「ぬいぐるみを抱っこしていればいいの?こうやって」
 クロウ「お、おう!」
 アリサ「写真一杯撮ったわよ!」
 フィー「ん。凄く良いよ、はい。次はラッピィ」
 リィン「うん…わか…った…」
 エマ「寝ちゃいましたね」
 アル「そんなリィンさんも素敵ですわ」
 クロウ「やばいっす」

 クロウ「カピバラさん抱っこしているリィンが可愛い過ぎてやばい」
 アリサ「それは私も同意見ね…クロウ、ちゃんとカメラ持ってきたわよ!」
 クロウ「GJ!!撮りまくろうぜ!」

 こんな先輩は嫌だ
 クロウ「抱き枕カバーって女子だから良いんじゃねーの?」
 リィン「俺に振らないでくれ」
 クロウ「よし!シリーズの売り上げ貢献と女性ユーザー獲得のためにお前は今から脱げ」
 リィン「え!?」
 クロウ「お前はイケメン可愛い男子路線で行くぞ!」
 リィン「やだ」

 リィン「ぬいぐるみ…もふもふ…」 ※クロウの膝の上です
 シャロン「いろいろ試してくださいね」
 リィン「ありがとうございます」
 クロウ「シャロンさんGJっす!手触り最高だな」
 トヴァル「楽しそうだな、ほれ2人の飯だぞ」
 クロウ「お、あんがとさん」

 トワ「リィン君がどんだけ傷ついたと思っているの!クロウ君の馬鹿!」
 アン「君のような大ばか者の事を一途に思い続けてくれるいい子なのにねぇ…」
 ジョル「戻ってきたら覚悟した方が良いと思うよ」
 クロウ「ぐぐ…」
 リィン「クロウ、どっか行っちゃうの?…ぐず」 ※泣きそうな顔

 クロウ「なんだよ?」
 ユシ「小さいリィンと一緒にいると犯罪臭い」
 クロウ「言うに事欠いてそれかよ!」
 リィン「クロウに意地悪言っちゃヤダ…」
 ユシ「ぐ…すまない」
 エリゼ「兄様ー、カ○バラさんのぬいぐるみです」
 リィン「ありがとう、エリゼー」
 クロウ「和むなぁ」

 クロウ「しかし、手触りいいな」
 リィン「もふもふが気持ちいい」
 エリ「そうだね」
 クロウ「元に戻る方法をヴィータ達が見つけてくれりゃ良いけどな」
 リィン「だと良いな…」

 フィー「強く出たね」
 クロウ「だって俺の事で胸いっぱいだったのは事実だろ?昼飯作って、居場所教えて、二人の世界はばっちりだぜ!」
 エリ「威張っていう事じゃないよね」
 ラウラ「で、リィンはどう思っているのだ?」
 リィン「…クロウと一緒にいたい(人差し指同士くっつけながらぼそりと)」
 クロウ「だよなー。やっぱりお前が一番かわいい」
 サラ「はいはい、変態にならない程度にしなさいね」

 クロウ「俺の目に狂いはなし」
 マキ「確かに…可…愛い…な(照れ)」
 ユシ「…嫁に欲しい(ぼそ)」
 エリ「マキアスはともかく、ユーシス…クロウに討たれるよ」
 ガイ「そういうものなのか?」
 ラウラ「ユーシスはリィンの事を異性として好きだというのか?」
 フィー「ラウラ気づくの遅すぎ。でも無理。クロウがいるから」
 ミリ「だよねー。ユーシス玉砕で格好悪ーい」
 ユシ「やかましい」
 ミリ「げんこつ反対!」

 クロウ「おーい、朝飯だぞ…って、戻っているじゃねーか」
 リィン「うん…丁寧に着替えさせられている…ブルブランに…」
 クロウ「こわっ!」
 リィン「でも…また熱が…」
 クロウ「ゆっくり休もう、それが1番だ」
 リィン「ありがとう…」
 クロウ「微熱か…高熱じゃないだけ良いな」

 クロウ「あいつ…俺の言葉をちゃんと理解しているのか不安になってきたけど死んでいるから声かけられねぇ」
 ヴィータ「そうよね。じゃあリィン君の事が好きで仕方ないって伝えておくわ」
 クロウ「あらぬ方向で誤解を招くことを言うな!」
 ヴィータ「冗談よ」

 こんな子供たちの会話は嫌だ
 クレア「何を考えているんですか?」
 ルーファス「リィン君の飼い殺しについてだよ」
 クレア(堂々と言うのもですけど異母弟の同級生を何だと思っているんでしょうか)
 レク(つーか、男にもてすぎだろ)
 クレア(妙に露骨すぎますから)

 アン「よし!丁度いいサンドバッグ発見!」
 クロウ「ちょっと待てええええ!俺を殺す気か!」

 リィン「なりきりか…そう来たんだ」
 クロウ「だったら矛盾も解消されるからな」
 リィン「そうだけど…俺は…ぐず」
 クロウ「大尉さん睨まないでください」
 クレア「リィンさんを少しでも泣かせたら許しませんよ」
 ミリ(クレア怖いよー)
 レク(さわらぬ神にたたりなしだな)

 トワ「うんうん、クロウ君はリィンちゃん仲良くって良い事だと思うよ」
 クロウ「トワ、俺の言っている事聞いていた?愛の力、愛だよ、愛」
 フィー「か○じいのつもり?」

 マキ「じゃあリィン以外の事ではアンゼリカ先輩に勝てないんですね」
 フィー「でもリィンはみんなのアイドルだし、そこは強みかも」
 エリ「威張ることかな?」
 クロウ「うるせーよ、そこ!」

 リィン「そうか…クロウの参戦で驚いたけど、こういう事だったのか…」
 クロウ「そりゃ話の都合というものが…」
 リィン「ぷい」
 クロウ「そういう拗ね方しないでくれ…なんかやばい」
 ヴィータ「可愛くてキュン死にしちゃうって感じかしら?」
 クロウ「何だよそれ!?」

 シャロン(クロウ様、ゴーファイ!ですわ)
 アリサ(もうやだ、このメイド…)
 クロウ(シャロンさん、まじでGJ!)
 リィン「どうしたの?」
 アリサ「て、天然恐るべし…」
 エリ「だよね…。あ、クロウ半泣きしそう」
 シャロン(クロウ様、縛りとかでしたらお任せください。大丈夫ですわ、リィン様の肌を痛めつけない方法を教えますから)
 クロウ(シャロンさん!すっげぇ良い顔している!いやいや、そういう事じゃないっす!)
 サラ「へ、変態がここにいる…」

 リィン「ごちそうさま。おかゆ、美味しかったよ」
 クロウ「お前の口にあって何よりだ」
 リィン「こうして俺の体調を気遣っているのは分かっているから…いつもありがとう」
 クロウ「…あのな、前へ進むのはお前のペースで良いんだぞ」
 リィン「あ…」
 クロウ「ちゃんと甘えておけよ」

 ヴィ「リィン君と組もうかしら…」
 クロウ「マテや、こら!」
 ヴィ「冗談よ。私にはエマがいるから」
 リィン「あの…びっくりしました」

 クロウ「リィンが女の子だったら…あー口うるさくなりそうだな」
 リィン「何の話をしているんだよ!?」
 クロウ「それからクロスベルの捜査官や遊撃士に落とされているんじゃねーの?って思われているぞ」
 リィン「そうなのか?」
 ロイド「俺を巻き込まないでほしいんだけど…」

 クロウ「もてる男は辛いぜ」
 リィン(つ、突っ込むの辞めようかな)

 クロウ「俺専属メイドだ!」
 エリ「分かったから暴れないでね」

 クロウ「惚れるなよ」
 リィン「真面目にやってくれ!」

 クロウ「俺の立場がなくなるだろ!先代人たらし主人公め!」
 ロイド「ええええ、誰!?」
 リィン「何があったんだろう…?」
 トヴァル「ほっとくのも吉だぞ」
 トヴァル「まぁ、その…俺もフォローするから」
 クロウ「すまねぇ…」
 リィン「クロウ?」
 クロウ「何でこんなに、お前のことが気になるんだ、ちくしょう!かわいい!!」
 ロイド「あはは、二人は仲がいいんだな」
 トヴァル「そうじゃないと思うぞ」

 クロウ「俺をヒロイン呼ばわりするな!こんなイケメンみてヒロインとは何なんだよ!?」
 リィン「誰に言っているんだ?」
 クロウ「お前が身代わりになれ!ヒロイン決定な」

 サラ「あんたって本当に悪い方面のことを教えるのがうまいわね」
 クロウ「んだと!?リィンが可愛いのがいけないんだ!」
 アン「君のリィンくんに対する色眼鏡が盲目なのは突っ込まないが、言い訳は苦しいね」
 クロウ「ぐ…」
 トワ「男の子を可愛いって言うものなの?」
 クロウ「そんな純粋な目で見ないでくれ…」
 ルーファス「君たち本当に仲が良いね」
 リィン「愛!?ええええええ」
 クロウ「うろたえないでくれ!俺がなく!」
 ルーファス「愛と言うがリィン君には伝っていないみたいだが」
 ユシ「わざとですね、兄上」

 アン「リィン君にあそこまで首ったけにしたクロウ…じゃないな」
 クロウ「わざと言っているだろ、ゼリカ」

 クロウ「😷ひーたー」
 リィン「寝ていろ」
 クロウ「看病とかしてくれよー。かわい子ちゃん呼べ」

 クロウ「俺はいつだってイケメンだぜ」
 デュ「同性に欲望むき出しのケダモノは黙りやがれですわ!」
 ミス「クロウはリィン君をはっ倒してゴーファイしたいのね」

 ユシ「アルノー…胃薬を…ごふ」
 ラウラ「今から一緒にこれから一緒に兄君を殴りに行こうではないか」
 ユシ「そうしたいが俺の胃が限界だ…ぐふぅ」
 エマ「ネタ古いですよ、ラウラさん」
 クロウ「俺も殴りに行かせろ」

 リィン「抱き枕カバーって女性陣のイラストの方が良いんじゃないのか?」
 クロウ「お前だったら問題ないだろ。だからはだけた格好して女釣ってこい。俺も脱ぐ」
 リィン「やだ!」
 クロウ「そういう恥じらいあるからこそ、釣れるんだよ!とっとと脱げ!」
 リィン「いーやーだー」
 クロウ「ジャケットはいでやらああああああ!」
 リィン「いきなり何するんだ、このけだものがー!」
 クロウ「鬼の力は反則だろ…がはぁ」
 リィン「クロウのバカ!大っ嫌いだ!」
 クロウ「なんでそういうときだけ、女子じみたこというんだあああ!」

 クロウ「ジャケット脱がしてシャツ乱れた恥じらいリィンをアピールしようとしているが、あいつ嫌がっているし出来ねーのが辛い。だが実力行使でやってやる!」
 リィン「やめてくれ!俺は恥ずかしいからヤダ‼️」

 アリサ「トヴァルさんでも無理なんですか‥‥」
 トヴァル「俺、便利屋扱いなの!?」
 ラウラ「半分リィンを攻略しているのではないですか?」
 フィー「意味分かっていないよね?」
 リィン「クロウ、こんな不甲斐ない俺でごめん…」
 クレア「リィンさん、まずは温かい紅茶を飲んで落ち着きましょう(クロウ=アームブラスト、後で締め上げます)」
 クロウ「おい、カッコの中身!」
 エリ「クロウってリィンに懐かれているけど女子ににらまれてない?」
 クロウ「リィン落としたのがダメなのか!?」
 ラウラ「我々には絶対見せぬ甘え顔をああもたやすく…」
 フィー「二人の世界ずるい」
 リィン「えーと、クロウの事…苛めないで…しゅん」
 アリサ「えーと、それは…ああもう、クロウはずるい!」

 喫茶店話のリィン君は結局、クロウのためにご飯作っちゃう子です
 クロウ「こんなにいい子でお兄さんは嬉しいぜー」
 リィン「離れろ!」
 エリゼ「クロウ兄様…節度というものを考えてください」
 クロウ「リィンにしがみついてい置いてそれを言うか」
 トワ「あははは、相変わらずだねー」

 フィー「変態撲滅」
 ラウラ「不埒三昧、ここで成敗せん!」
 アン「私も参加しようじゃないか」
 アリサ「アンゼリカさん、一気に行きましょう!」
 クロウ「死ぬわ!」

 クロウ「こんなにリィンが甘えたになると思わなかった(今更)」
 リィン「すぅ…」
 エリ「そうだね」
 アリサ「落ち着きつつあるけど風邪ひかなきゃいいけどね」
 クロウ「そうだよなぁ…」

 クロウ「リーイーンー、甘いものー」
 リィン「はいはい」
 クロウ「あんがとさん!今日はティラミスかーうまそうだなー」
 エリ「僕たちも作ってもらっているけどね」
 アリサ「ほっときましょ。イチャイチャなんて今更なんだから」
 アン「あれじゃあ女の子も寄ってこないからね」

 アリサ「リィンのお尻触ったけだもの」
 フィー「エッチなことする気満々の変態」
 ラウラ「縛り上げてリィンの肌にきずがついたらどうする気だ!?」
 クロウ「まだ、何もしてねーだろ!」
 アン「まだか…やる気だね。皆一斉にかかろう!」

 クロウ「俺のイケメンぶりにクラクラかい?」
 リィン「このイラスト、どこか切なく感じるけど静かな感じがするよな」
 クロウ「惚れるなよ」
 リィン「バカクロウ!真面目にやれ!」

 クロウ「俺様が一肌脱いでディナー作っちゃうぜ」
 リィン「冗談でも服を脱いだら暁の刑だぞ(タウロス・覇道・瀑布)」

 クロウ「俺様に惚れたか?」
 リィン「何の話をしているんだ?」
 クロウ「全国の俺のファンが叫んでいるさ…戻ってきてくれって」
 リィン「このネタの作者は戻ってこいバカヤロウ!って泣きながら怒っていたけどな…クロウの馬鹿!」
 クロウ「すみませんでした」

 クロウ「俺の代わりにリィンが脱いで女性サービスを見せるぜ!恥じらい&可愛い系だからな!」
 リィン「絶対嫌だ!クロウの馬鹿!」
 クロウ「ぐほぉ…愛のある一撃確かに受け止めたぜ」

 クロウ「リィン、1位おめでとさん(ナデナデ)」
 リィン「クロウも2位で凄いじゃないか。あと、何かくすぐったい」
 クロウ「良いじゃねーかよ。ほーれほれ」
 フィー「また、いちゃいちゃ…ふあーあ」
 アリサ「私たちもいるんですけど…」
 ユシ「とんだバカップルだな(呆)」

 クロウ「リィンに会わせろや、ぼけなす!」
 カイエン「振り返れば奴がいて私はいつの間にかボコボコにされていた…ルーファス君!笑っていないで助けて!」
 ルーファス「庶民的な言い方をしたら…自力で何とかしろ。ですね」
 ヴィータ「貴方何気に黒いわね…」
 クロウ「リィンといちゃつかせないおっさんが悪い」
 ルーファス「君はリィン君と対立しているストーリーだって事忘れていないか?」
 ヴィータ「無視が吉ですよ。ああなったクロウはバカとしか言えないですから」
 リィン(さっきから暴言の嵐が…)
 クロウ「リィン抱っこしたいーすりすりしたいー可愛がりたい―今ここでチューだチュー」
 デュバリィ「ああもう!けだものは黙りやがれですわ!」
 マク「うるせぇなぁ…あーだりぃ」
 リィン「クロウはなんだか慌ただしいなぁ…」
 ヴィータ「寧ろあんな馬鹿を隠さないクロウを見て慌ただしいですませる君の方が凄いわ」
 ルーファス「天然でかわいいじゃないか」

 アン「なんでクロウみたいあほガラスが良いんだ…こうなったら妨害コースを…」
 アリサ「クロウがリィンに変なことしないか監視すべきですよね」
 フィー「エッチな事反対。昔、ゼノがおっぱいうるさかったし…」
 クロウ「リィンと二人っきりでイチャイチャしたい事の何がいけないんだ…」
 サラ「リィンが皆のアイドル状態になっているのに、あんたに首ったけだからじゃないの?」
 シャロン「クロウ様、ゴーファイ!ですわ」 ←火に油

 クロウ「ゼリカに女子取られたあああああ!」
 リィン「だから何で俺の部屋で愚痴こぼすんだ!?」

 クロウ「やっぱり俺のリィンはこんなにも可愛い!」
 マク「お前さっきからうるせーよ」

 リィン「クロウの作ったお粥美味しかったよ」
 クロウ「お前のためなら美味いもんいっぱい作るぜ」
 リィン「俺も一緒に作りたいんだけど…」
 クロウ「わーってるって。元気になったら作ろうぜ」
 リィン「うん!」

 クロウ「良いじゃねぇか、もう泣くなよ…」
 リィン「ぐず…バカ…」
 クロウ「こうしちゃる(ぎゅー)」
 アル「麗しい愛ですわ」

 クロウ「今なら半泣きリィンの恥じらいクッションカバーをプレゼント!制服もちょっと肌蹴ていてエロス!」
 リィン「でたらめ言うな、バカ!」

 クロウ「良いじゃねーかよ、抱き枕カバーの餌食になれ」
 リィン「何でだよ!」
 クロウ「俺も脱ぐ!だからお前も脱げ、はじらえ!」
 リィン「嫌だ、俺やりたくない!」
 クロウ「1位になったんだからその位のサービスやって女にこびろ!」
 リィン「本音はそっちか!!」

 マキ「リィンは部屋から出てこなくなったんですけど…(怒)」
 クロウ「シャロンさーん、鍵貸してください。入って慰める」
 シャロン「はい。ゴーファイ!ですわ」
 ユシ「消し炭にするぞ、けだもの」 ←クリミナルでサウザンドノヴァ準備
 ラウラ「そこになおれ、けだもの」
 フィー「変態撲滅―」
 クロウ「やめろ!お前らは洒落にならねぇ!」
 アリサ「くたばりなさい、アホカラス」
 エリ「自業自得だね」
 ガイ「シャロンさんから話は聞いたが」
 リィン「へ…」
 エリ「わああああああ、リィン倒れちゃったよー!」
 クロウ「俺は悪くねぇ!リィンが可愛すぎるのがいけないんだ!」
 フィー「いきなりチューはなしじゃない、けだもの」
 ラウラ「不潔だ、けだもの」
 アリサ「最低よ、アホカラス」
 アン「死んでもらおうか、クソガラス」
 トワ「クロウ君、度が過ぎるとリィン君に暫く近づいちゃ駄目って事にしちゃうよ!」
 クロウ「部屋が向かいだから無理だろ!リィンが可愛いから仕方ないじゃねーか!」

 クロウ「抱き枕カバーのイラストは風呂上りでちょっと火照った生肌がまぶしいエロいリィンじゃだめか!?」
 アリサ「だから何でリィンをエロ路線に持っていくのよ!?」

 クロウ「抱き枕カバーはエロいリィンの路線が良い(ドヤッ)」
 クロウ「人気投票1位取った癖にサービスなしか!俺ともども脱いでサービスしろ!そして一緒にいちゃつくぞ」
 リィン「なんでだよ!?」
 クロウ「恥じらいがあると可愛いぞ」
 マキ「だから抱き枕カバーにこだわらなくてもいいじゃないですか」
 ユシ「という訳だ。今後の展開のために脱いでサービスしろ」
 リィン「ユーシス!?」
 マキ「うーん、確かに女子の人気はあるからそうなるのだろうけど、いやしかし…」
 アリサ「けだものしかいないわ、この学院…リィン、生きなさいよ」
 リィン「アリサ!?」
 クロウ「よーし、制服半脱ぎで恥じらいポーズ完成っと。後は風呂あがりや女装とかー」
 リィン「…クロウの馬鹿!大嫌い!!もう口きかない」
 クロウ「おい、龍炎撃は反則だろうがあああ!」
 フィー「変態撲滅だね」
 クロウ「リィン、次は無防備な寝顔!マイルドにするから!脱がせないから!」
 リィン「…やだ。クロウはなんで雨にうたれているんだ?」
 クロウ「憂い顔を見せるいい男だろ?」
 リィン「けだものじゃないか」

 ヴィータ「リィン君のためにお洒落しなさいよ」
 エマ「姉さん!?ええ、それは…」
 ヴィータ「大人の下着を着てデートよ」
 エマ「遊びたいだけでしょ!?」
 セリ「やれやれね」
 ヴィータ「セリーヌは、す…」
 セリ「鈴はお断りよ」

 ユシ「貴様、薬の口移しとはいい度胸だな」
 クロウ「俺様の特権だ」
 リィン「///」
 エリ「お姫様抱っこされて恥ずかしそうだけどね…」

 アリサ「どう!ひざ丈スカートで上品さ、編み込みで可愛らしさを見せるのよ」
 クロウ「アリサGJ!やっぱり可愛い!」
 リィン「あ、ありがとう…」
 ユシ「良いな」

 ヴィータ「クロウ…気色悪いぐらいにデレデレね。とっとと押し倒したらどうなの?」
 クロウ「リィンが俺の所まで辿り着くまではしねぇ」
 ルーファス「口づけはしているのに都合のいい事言うね」
 クロウ「うるせぇ!」
 ゼノ「嬢ちゃん抱かんの?根性ないなぁ」
 クロウ「大きなお世話だ(怒)!」

 クロウ「リィンは可愛いなぁ。俺様にチューしようと必死で顔真っ赤にして照れちまうところが(ギュー)」
 リィン「うぅ…///」
 アリサ「…」
 フィー「のろけ?」
 エリ「アリサが突込み放棄する時点で僕たちの出る幕じゃないよね」
 マキ「先輩の不機嫌も嫌だしな」
 ガイ「微笑ましいと思うが…」
 ユシ「絶対違うぞ、それ」
 サラ「そこはストップ掛けるわ、けだもの」
 マキ「先輩、節操なしですね」
 クロウ「リィンが可愛すぎるのがいけないんだ!」
 アリサ「人のせいにするんじゃないわよ、けだもの!」

 リィン「温泉気持ちいい」
 クロウ「おっさんくせーけど、確かに気持ちいいな」

 クロウ「俺様の看病してくれー」
 リィン「はいはい。ちゃんと粥食べて薬飲んで寝る事」
 クロウ「寝たくない。お前といちゃつきたい」
 リィン「おや、ここに熱い鍋が…」
 クロウ「寝ます」
 リィン「するわけないだろ…俺だってクロウと一緒にいたいし…」
 リィン「熱湯かけるぞ」
 クロウ「すみませんでした」

 エス「やったわ、1位取ったわ!」
 オリ「エステル君は流石だねぇ。リィン君も頑張ったじゃないか」
 リィン「ありがとうございます。あの…俺だけ空組じゃなくて緊張するんですけど」
 ヨシュア「君も兄貴分失った身だったとは…無理しちゃ駄目だからね」
 レーヴェ「その通りだ。無理は毒だからな」

 ヨシュア「無理はダメだから、しっかりご飯食べよう」
 ロイド「睡眠は大事だぞ」
 ケビン「2人の言う通りやで」
 リィン「え、えーと…」
 エステル「気分転換も大事よ!」
 リィン「は、はぁ…」

 クロウ「閃の軌跡は俺がリィンをコロッと落とすゲームだ!」
 トワ「クロウ君、うそはダメだからね」
 アン「馬鹿だねー、君」

 クロウ「今なら水も滴る格好いい俺様の抱き枕カバーをプレゼント!裏面はルーファスの旦那にちょっと服脱がされて半泣きで恥じらうリィンの可愛いイラストだぜ!」
 リィン「でたらめいうな!!なんでルーファスさんなんだ!?」

 証言1(Aさん)「あんなリィンは滅多に見ないわ」
 証言2(E君)「でもクロウが悪くないかな、そうなるの」
 証言3(J君)「いちゃつきすぎて胃もたれが起きかねない」

 クロウ「ダメだ!リィンが俺の所まで辿り着くまで言わねーから!あいつだって言わないって戒めているのに俺が言うわけにいかないだろ!」
 ヴィータ「不器用ね…でも、リィン君の面倒あれだけ見ていれば説得力無いわよ」
 ルーファス「面倒くさいカップルだね」

 クロウ「アリササン、メガワラッテイナイニモホドガアリマセンカ?」
 エマ「ああなったアリサさんは無敵ですからね」
 ラウラ「けだものせーばーい」
 フィー「へーんたーいせーばーい」

 リィン「あ、愛妻…そういう訳じゃない!!」
 ミリ「えー、付き合っているようなもんじゃん」
 リィン「ミリアム、今から心霊スポットへ放り込まれたい?」
 ミリ「ごめんなさい」
 フィー「KYだね」
 クロウ「弁当美味かったぜー、ほい」
 リィン「良かった…じゃない!ちゃんとした食事を…」
 アリサ「あ、始まったわ」
 マキ「胸焼けするのだが…」
 ユシ「同感だ」
 フィー「マキアス、コーヒー頂戴」
 マキ「自分で何とかしろ!」
 フィー「面倒くさがっているね、クロウ」
 ラウラ「わざとだな」
 ミリ「あ、抱き着いた」
 マキ「いちゃつくなら人気のいない場所でやってください!」
 ユシ「そうだな…俺も同感だ」
 ガイ「落ち着くんだ」
 エリ「だからって水かける事無いんじゃない?」
 クロウ「よし、これで牽制完了…」
 アン「程々にした方がいいと思うよ」
 クロウ「お、おぅ…頑張るぜ!絶対落としてやる!!じっちゃんの名にかけて!」
 アン「CR版で担当したからってそれはないと思うけど」
 クロウ「やかましい!」
 サラ「あんたも前途多難ねぇ…」

 エリ(えー、ヘタレすぎるよー)
 アリサ(変な気を起こさないのは良いけど、これはこれでヘタレよね)
 フィー(そのままリィンとゴーファイ!)
 マキ(それは流石にまずいだろ)
 アリサ(そこ!デート誘いなさい!早く!!)
 エマ(凄い気迫ですね…)
 クロウ「その…明日帝都で遊びにいかね?」
 リィン「い、良いの?」
 クロウ「良いにきまっているだろ」
 ガイ「まあ、二人だけにした方がいいだろう」
 エマ「せめてデートのコーディネートを考えましょうか」
 マキ「その位が妥当だろうな」
 エリ「うーん、そうかもね」
 ラウラ「うん、それが良い」エリ「クロウも少ししゃれた格好で行く?」
 クロウ「そうだな…ま、ラフすぎるのも難だし少しカジュアル路線で行くか」
 ユシ「…」
 サラ「二人がいちゃついている事実を受け止めなさい」
 シャロン「ですわね」
 エマ「大丈夫ですよ、クロウさんなら喜んでくれます」
 フィー「じゃあ、夜ゴーファイで」
 アン「まあ今回はゆっくり楽しく過ごすのがいいね」
 リィン「は、はい!」
 クロウ(可愛すぎるだろぉ)
 ユシ(見張った甲斐があったな)
 アリサ「空気読んでよ、もう…」
 エリ「ユーシスもあれでベタ惚れだからねぇ…」
 フィー「でもKYはダメ、絶対」
 マキ「ゴーファイ連呼していた口が何を言うか」
 ラウラ「あ、リィン連れてどこかへ行ったが…」
 サラ「ヘタレでも頑張ったんじゃない?」
 クロウ「そうならいいが…」
 リィン「大丈夫だから。さ、帝都行こうか」
 クロウ「だな」
 リィン「ゆっくり回ってもいいよね?」
 クロウ「勿論だっての」

 クロウ「男湯覗くの反対!」
 リィン「誰も覗かないだろ…」
 クロウ「お前はもっと自分の事に執着しろ!ケダモノ女子の気迫は怖いんだぞ」 ※VII組女子の事です
 エリ「それってクロウが余計な事言ったからじゃないの?」

 クロウ「俺はいつだってリィン弄って苛めるのが楽し…あ」
 リィン「…(すごく泣きそうなのをこらえている)」

 エリゼ「兄様似合っています」
 ルシア「可愛いですよ」
 テオ「ウチの子が1番だ」
 クロウ(やっぱり首輪つけて犬っぽくしよう。可愛いけど、やるなら徹底的に…)
 リィン「クロウ、鼻血すごいけど…」

 クロウ「俺、槙嶋やりたい!」
 リィン「え?」
クロウ「お前は狡噛な」
 リィン「え…」
 クロウ「ごめんなさい。だからそんな泣きそうな顔しないでください」

 クロウ「リィンと立場似てね?」
 アン「君、声は槇島だよね」
 クロウ「そうだけど、今はそこじゃねぇ」
 トワ「親といざこざがあって、周囲の視線が冷たくて、偏見なく接してくれた初めての人と仲良くなったけど去っちゃって…まあ似ているよね」
 エリ「クロウも狡噛って人も酷いよね」

 リィン「どんなにめげずに進もうとしても…いつも悪い方向にしか行かないし、ミリアムが…」
 アリサ「今は一杯泣いて休みましょう!」
 ユウナ「教官、休んでください!巻き返すためにも!!」
 クルト「僕たち今以上に励みますから!」
 クロウ「おーい、部屋の隅っこまで逃げたぞ」
 リィン「…え?」
 クロウ「あー…」
 リィン「お化け?ゾンビ?幻?映像?」
 トワ「リィン君、落ち着いて!」
 ランディ(相当強いトラウマだったんだな)
 トワ(はい…)
 クロウ「よし、深呼吸するぞ…」
 リィン「…うん」
 ミュゼ「では私が添い寝を…」
 ユウナ「あんたはやめぇ!!」
 ランディ(少し前に話していた悪友があいつか…)
 ユウナ(なくなってかなりショックと聞いているんですけど…)
 トワ(リィン君、クロウ君の事が大好きだから心配だったんだよ。ああして我慢することが多くて…)
 ミュゼ(大好き…ですか…)
 エリゼ(そういう目で見るんじゃありません)
 クロウ「じゃあ顔を洗うか。ずっと泣いていたんだろ?」
 リィン「うん…」
 エリゼ「兄様、私もそばにいますから」
 一方…、
 アル「甘々でしたね」
 ユウナ「教官、滅茶苦茶甘えん坊でびっくりしたわ…」
 クルト「そんなそぶりを見せないから意外だったな」
 ミュゼ「でもアツアツで眼福でした」
 ユウナ「そうじゃないでしょ!」
 クルト「どうどう」
 アル「ドードー」
 ユウナ「なに、私ポ〇モンなの?」
 クルト「いや、そういう訳じゃないと思うが…」
 エリ「あはは、本当に仲が良いね」
 マキ「そうだな」
 ユウナ「そうだ!今から一緒にこれから一緒に鉄血殴りに行きませんか?」
 クロウ「それは名案だが対策がいるだろ」
 ユウナ「うぅ…」
 アル「ユウナさんの勢いに任せた発言は今更ですけど…」
 ユウナ「なによー」
 クルト「まあまあ。教官、サンディたちが雑炊を作っていましたので食べられそうだったら言ってください」
 リィン「…食べる」
 クロウ(小動物だな…)

 クロウ「まだ敬語だった頃か…なつかし…!!」
 リィン「(体育座りしながら)…」
 クロウ「あのーリィン君…お兄さん、もういなくならないからこっち向いてくれるかなー?」
 リィン「…やだ」
 クロウ「1年半の利息全部支払うから…だからこっちを…」
 リィン「や・だ」
関連記事

テーマ : 英雄伝説 閃の軌跡 - ジャンル : ゲーム

22:32  |  まとめ記事(ゲーム)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |