新ドラマ「きんぴか」



 中井さん、こっちでも浅田作品で主演かー。大体、サスペンスや権力や金で黒い雰囲気漂う小説を映像化しているイメージで話数は5話もしくは6話に土曜か日曜の夜。原作者は高村薫や逢坂剛など有名人も多いかな。とまぁ、それはさておき本作の感想。

 「頭」「腕」「肚」の1文字から、それぞれ該当する人を紹介して、今回は中井貴一演じる「ピスケン」(=肚)がメインだった。

 肚=阪口健太(中井貴一)→敵対組長殺して刑務所行きになったヤクザ。13年服役終えて出所
 腕=大河原勲(ピエール瀧)→1人テロやろうとして失敗した元自衛官。これでも平和主義
 頭=広橋秀彦(ユースケ・サンタマリア)→元財務相キャリア官僚で元秘書。罪を身代わりしたため人生が…

 真面目にやっているはずなんだけど、細かい所で笑っちゃうんだよ。サウナの我慢比べとかコーヒー牛乳とか。1話というだけあり、それぞれの強みをしっかり見せた。これからこの3人、どう生きていくのやら…。3人に銀座の砦を提供したおっさんこと向井権左エ門(綿引勝彦)も気になる。
関連記事