2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.06.29 (Wed)

ブレイブルー:CFジンシナリオ・セリフ集 Act3



 Act3、これでラストです。ネタバレのオンパレードなので閲覧注意。


【More】

 ☆ツバキ
 3rd:ツバキ(2回目)
 ツバキ:ジン兄様。……ノエルのところへ向かわれるのですか?
 ジン:…………。
 ツバキ:殺す為……ですか?
 ジン:…………そうだと言ったら?
 ツバキ:どうかやめてください!
     ノエルに罪があるという確たる証拠はありません!
     何か別の……別の何かが……。
 ジン:証拠などどうでもいい、それに僕は裁きを下しにいくわけじゃない。
    ただ必要なことをするだけだ。
    ……それにもう、時間がない。
 ツバキ:時間がない? どういうことですか?
 ジン:……『悪魔』と取引をしたと言って信じるか?
 ツバキ:悪魔? 何を仰っているのですか?
     ジン兄様は戦える身体では無いはずです!
     とにかくノエルのことは私に任せてください!
 ジン:ダメだ……。
 ツバキ:……ならば力づくにでもジン兄様を止めさせて頂きます。
 ジン:無駄な戦闘は避けたいのだが……仕方ないか。

 ツバキ:嘘……ジン……兄様……。
 トリニティ:……悪魔だなんて、酷いですね。
 ジン:魔女とでも言った方が良かったか? 何方にしろ大して変わらん。
 トリニティ:……ノエルさんの事はツバキさんに任せても良いのではないのですか?
 ジン:駄目だ。イザヨイを所持している以上ツバキと奴……
    ノエル=ヴァーミリオンを『戦わせる』訳には行かない。
 トリニティ:……お優しいのですね。
 ジン:……。


 ☆レイチェル02
 6th:レイチェル
 ジン:……こんなところまで追いかけてくるとはな。
   貴様も僕に、ノエル=ヴァーミリオンから手を引けなどと言うつもりか?
 レイチェル:ええ、その通りよ。……今ノエルを失うのは、あまりにも危険だわ。
       ノエルはイザナミに対抗するための大事な存在……。
       取り返しがつかない事態になったら、どうするつもり?
 ジン:そのイザナミを倒すための最大の障害が、奴だ。
    あの女が存在している限り、イザナミを倒すことはできない。
 レイチェル:せめて、ノエルが力を取り戻すまで待つべきだわ。
       彼女が本当の意味で目覚めるまで……。
 ジン:目覚めるとは思えんな。それに……時間もない。
 レイチェル:……そうやってすべて自分ひとりで背負い込むつもり?
 ジン:僕は希望的観測で動くことはしない。それだけだ。そこをどけ。
    さもなくば……斬る。

 ジン:自惚れるな。今の貴様に僕を止められるとでも思ったか?
 レイチェル:ジン=キサラギ……貴方のやり方は危険だわ。
       あまりにもリクスが大きすぎるわ……それに。
       貴女もよ、トリニティ=グラスフィール。
       彼に助力を求めるなんて……本当に呆れるわね。
 トリニティ:申し訳ありませんが、それはこちらの台詞です。
       貴女はもう世界に干渉するべきではない。
 ジン:同意はしたくないが……吸血鬼、大人しく傍観者の立場に戻れ。
    世界をあるべき姿に戻すのは、秩序の力を持つ僕の役目だ。
    貴様の役目ではない。
    それに……無駄に足掻いて、消えることはない。

 ☆ノエル(CP)
 7th:ノエル
 ノエル:キサラギ大尉!
     まさかそんな……あなたまで願望の世界を求めているのですか!?
 ジン:『大尉』か……どうやら貴様はこの世界を気に入っているようだな。
 ノエル:当たり前です!
     私はこの世界の大事な人を護るために戦っているのですから!
 ジン:下らない自己満足だな、障害。誰がそれを望んだ?
 ノエル:……私は大尉が何を言っているのか理解出来ません。
     大尉はこの世界が間違っているでも仰りたいのですか?
 ジン:そうだ、間違っている。
    そして僕は世界の秩序を乱す存在として貴様を排除する。
 ノエル:私が……秩序を乱す……?
 ジン:貴様の存在は世界を歪める。
    だが僕の力では葬ることはできない。
    ……故に、クシナダの楔を探しだし、そこに貴様『等』を封印する。
    存在さえ封じてしまえば、イザナミを仕留めることもできるはずだ。
 ノエル:封印?……やはり私にはキサラギ大尉が何をお考えなのか
     理解できません……。
     それに……私もなくした『何か』を見つけなければなりません。
     抵抗は……させて頂きます!
 ジン:そうか……。まぁ抗いたければ抗うがいい。だが僕は……本気だ。

 ノエル:う……。
 ジン:神殺しがなければ、こんなものか……。あとはクシナダの楔だ。
    ……!

 CFジンAct3-7
 カグラ:そこまでだぜ、ジン。これ以上、ノエルに手出しはさせねぇ。 ※ここでCG挿入
 ノエル:ムツキ……大佐……?
 カグラ:もう大丈夫だ。安心しな、ノエル。
 ジン:邪魔をするつもりか、カグラ。
    相手が貴様であろうと、僕は剣を収めたりはしないぞ。
 カグラ:はっ、期待してねぇよ。
     だがな、俺だってこの事態を見過ごすつもりはねぇ。
     ジン。お前のやり方は非情すぎる。
     独断的であり、独善的だ。理解される手段じゃない。
 ジン:誰かに理解されたいなどとは思っていない。
    誰がどう思われようとも、為す意味はある。
    僕はそれで十分だ。
 カグラ:全てを背負う覚悟はある、ってか?
     だったら……その覚悟、見せてもらおうか!

 ☆カグラ
 8th:カグラ(2回目) ※勝利後
 トリニティ:彼の強さは想像以上です、これ以上の戦闘は避けてください……。
 ジン:手加減出来る相手ではない……
    貴様は黙っていろ。
 カグラ:独り言が多いなぁジンジン……。
     『誰か』いるのか?
 ジン:……。
 カグラ:まぁいい……。しかしさすがだな、覚悟は勿論のこと、
     それを為すだけの力が今のお前にはある。
     だが俺は、お前のやり方が正しいとは思えん。ノエルを犠牲にしようって
     魂胆がそもそも気に入らねぇ。だがそれだけじゃない。
     冷静になれ。クシナダの楔を使ってノエルを封印して、
     本当にイザナミが倒せるのか?失敗したらどうする?
     『蒼の継承者』を封印すれば、それで全てが片付くと思っているのか!?
 ジン:いいや、違う。
 カグラ:だったら何を……!

 CFジンAct3-8
 ジン:ノエル=ヴァーミリオンを消し、冥王イザナミを消し…… ※別CG
    ラグナ=ザ=ブラッドエッジを消す。
    世界を歪める悪を全て消し去る!
    ……僕の全てを賭けてだ。
    もはや世界に猶予はない。滅日の瞬間は近い。
    世界に縋るのは簡単だ。
    だがそれが叶わなかったとき、世界は終わる。
    故に僕は……『神なき世界』を望む。
    その為に――
    刃振るう道を選ぶ。
関連記事

テーマ : BLAZBLUE - ジャンル : ゲーム

20:31  |  まとめ記事(ゲーム)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |