2017_03
28
(Tue)22:28

ARIA 2017年5月号 ※遙か6(19話)




 お久しぶりです、今回は扉絵なかったけど展開が早かった。

 凌雲閣~大尉就任~ダンスレッスン~友部と有馬不在で怪文書まで

 凌雲閣は大体ゲーム通りだけどネックレスの話が追加された感じ。ホームシック後半をここでやると思わなかった(梓個人の感情のシーンは無かったけど)。とにかく有馬イベントが凝縮されて呼吸が追い付かなかった。ダンスレッスンは体育会系の発想で笑ったけど蛇の呪いが痛々しいし、ラストの方でまさかの少年時代お披露目。着物の柄が田舎の子供って感じだった。

 秋兵も独自に探し始めているけど、やっぱり総長の暴走の背景やらないと分からないもんねー。蛇は有馬、総長は秋兵でこの2名もかなりのネタバレ要素含む。重大なのはダリウス・コハクだけどな!
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント